9月 192022
 

俺は5ちゃんねるの毒雑というところをよく見てて、書き込んで遊んでるんだけど、そこは今では5chでも希少になったID無しの雑談スレなので、俺が思っている以上にいろんな人が集まっているようだ。
でも中には、相も変わらず人の足をズルズル引っ張ろうとするしょうもない奴がいて、定期的に「命令されて」書き込みをして、皆に迷惑をかけている。最近では「人の自信を無くさせるための工作」をしている奴がいて、しばしば現れては「人の自信を無くさせるための工作」の書き込みをしている。
こういう奴って何者なのかな~って興味深いけど、体制の命令を受けて広告代理店の下っ端が書き込んでるのかもしれない。日本に限らず、ネットの掲示板やブログへの書き込みなどをして「世論の誘導」をするのも、広告代理店の仕事の一つらしいし。もし本当にそうなら、ネット書き込み要員とか、一番バカな奴のやる仕事だろうけど・・・。

で、さっき毒雑を見ていたら、こんな書き込みがあった。
「日本では、周りの人間に合わせられないことが、ダサい。
 海外では、周りの人間と同じことをするのが、ダサい。」
まさにこれ。
思い出すなー、俺が大学に入学して、柔道部にちょっとだけ入部した時のこと。当時3年生だった歯学部の人間が、俺にこんなことを言った。『あなたみたいに他の人と違うと、イジメられるんじゃないですか』。俺はこれを聞いた時、薄ら寒い気分というか、呆れたというか、何とも言えない気分になった。
この柔道部はやった期間に比べて実力が伴ってない奴らの集まりで、要するに才能のない連中の集団だったのだが、こういう才能のないゴミが俺のような人間に抱く思いというのが、まさにこれだ。そして徒党を組んで、ズルズルズルズル足を引っ張る。
(まあこれにいくら反論したところで、「だっておまえ、いくらやっても何の実績も残せなかったじゃん」と言ってやれば黙るだろうけど)

結局のところ、日本の縮図がこの一言に集約されているわけで、こういう発想を抱くような脳構造の人間こそが「日本人」である。俺のような人間とは絶対にわかり合えない。わかりやすい例として、以前書いたが「戦時中のゲシュタポの人間にユダヤ人の人権を説く行為」だ。「チンパンジーに孫氏の兵法を説く行為」と言ってもいい。
で、今や日本は、円相場が対ドル145円。ある企業は中国より日本のほうが人件費が安いと引き上げてきた。車メーカーはEV化について行けない。他にもいろいろ・・・。

どうするんだろうね(笑)。

9月 102022
 

今日も地球は回っている
そこにはたくさんの人が住んでいる
中には神様を信じている人もいる
けれどじゃあなぜ、反対のことをするの?
神様の教えを説いているのに、市民を監禁拘束している人
自由を謳っているのに、市民を監視したがる人
愛を唱えているのに、市民を物扱いしている人
彼らは嘘なんかついていない
本当に心の底から、神様を、自由を、愛を、信じている
けれど同時に反対のことをしている
そして家族を作り子供を育て、自分の子供には「神様や自由や愛」について語っている
神様は全て見ている
神様に隠し事はできない
もし言い逃れできたなら、君は天国へ行けるだろうね
できたなら、ね

8月 292022
 

去年禁煙して、部屋をリフォームして、ちょうど1年経った。
あれからタバコを全く吸っていないので、部屋は変わらずピカピカ。奇麗な部屋でタバコを吸わずに過ごしていると、心境の変化があったような気がする。

「他人の足を引っ張るのが仕事の奴」っていうのは実社会にもネットの中にもいて、ズルズルズルズル他人に付き纏って邪魔をするだけの「害虫」だけど・・・。そういう奴って、自分自身が何にもできてない奴だからね。俺は学生時代までは順調に行ってたけど、そもそもおまえ、当時俺に敵う部分なんてあったの?という。
害虫が人様の邪魔をするというのは、ちょうどイメージ的にはこんな感じ。↓

非常にわかりやすい。
「人間は成長するものである」けど、それを妨げることによって飯を食ってる奴がいるわけで。こういう奴は、ちゃんと報いを受けてもらわないとな。
ちなみに上の絵画は、ミケランジェロ作。

8月 212022
 

「誰かが不幸であることを前提に成り立っている社会」とか、ただのクソ。
それは「イエスが磔刑に処されたから自分たちは救われた」と主張している、某劣等民族と同じ発想。
そして「常にあいつをおだてておけばいい」と調子のいいことを考えても、当人には全部バレてるので、全く逆効果。

わかるよね?

わからない奴は、いなくなっちゃったけど。
ほら、戦時中のゲシュタポの人間は、まさか戦後永遠にモサドに命を狙われ続けるなんて、夢にも思わなかったわけだし。
みんなさ、自分のことだけやってればいいんだよ、他人の足を引っ張って飯を食うんじゃなくてさ。
「天は自ら助くる者を助く」というけど、「運命を自らの手で引き寄せる」ことができればいい。
生きることに「懸命さ」が少しくらいあってもいい。

幸せを求めて足掻くところに、人の尊さはあるのだから。

8月 162022
 

こないだ、マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン主演の「ひまわり」という映画を見た。
見て思ったのは、当時つまり1970年のソ連という、我々「西側」の人間が一番悪いイメージを抱いている場所であっても、一般市民は普通に暮らしていて、楽しそうに笑っていたのだ、ということ。
昔読んだ本に、アメリカのフォード大統領が選挙中に演説したという逸話が載ってて、たしか「東側諸国の人々は、抑圧された生活などしていない」と皆の前で語ったので、「何言ってんだこいつ」と思われて選挙に落ちてしまった、という内容だった。
これが意味するのは、鉄のカーテンで世界を二分割してお互いに相手の実情をわからないようにし、恣意的に世界をコントロールしていた輩がいたということで、実際には当時のソ連の人たちだって普通の生活をしていたし、フォード大統領はそう主張したわけだ。WHAM!というグループの80年代のヒット曲「FREEDOM」のMVは、当時の中国で撮られているが、その内容もこれに近い。

何が言いたいかというと、自分の目で見るまで何事も妄信すべきではない、ということ。

そういえば、日テレの「ミヤネ屋」は、10年くらい前にテレスクリーンの仕組みをチラッと見せてくれたなぁ。気骨のあるスタッフがいるのかも?

8月 052022
 

先月めでたくⅡ型糖尿病を宣告されてから、毎日薬を飲んで食事をある程度制限して、週に2、3回縄跳びをするようになった。
そういう生活をしてみると、結局「俺って命が惜しいんだな」とわかった。まあ正確には、寿命の長さよりも、失明or人工透析or足切断が怖いのだが。でも「いつ死んでもいい」と思ってたつもりだけど、いざ病気になってみると、やっぱり少しでも長く生きたいという気持ちが湧いてきた。
俺は一人いや独りが好きだし、趣味に生きる人生がいいし、できるだけ働きたくない。聴かないとならない音楽はたくさんあるし、読まないとならない本もたくさんあるし、見ないとならない映画やアニメもたくさんあるし、プレイしないとならないゲームもたくさんあるし、他にも・・・。そう、人生はやっぱ長いほうがいいし、できるだけ若いままのほうがいい。
俺みたいなチンケな人生を送ってる奴でもそう思うんだから、大富豪とか貴族とか政治家とか、そういう成功者が永遠の命を欲する気持ちもわからんでもない。もちろん、俺の長年の興味の対象である「死んだらどうなるのか」というのも、ある意味「死ぬ楽しみ」なのだが。
なんちゅーかビクビクしながら生きるより、やりたいことがあったら即やって、欲しい物があったら即買って、食べたい物があったら即食べて、という生活をするのが、「=精一杯生きる」ということじゃないかと思う。その時その時でできることは即する、という。だって人生は有限だし、後回しにしてたらできなくなるかもしれないし。今できることは今やる。
たかがⅡ型糖尿病くらいでここまで考えるのは大げさかもしれないけど・・・。

6月 262022
 

いや、これ↑ね。俺のことなんだけど。

わかってるよ、自分がキモい理由は。それは「年相応でない」ところだ。
俺は人生経験というか苦労した経験は人一倍あると思う。「異常な苦労」は誰よりも経験している。しかし「仕事の経験」や、いわゆる「社会経験」はほとんどない。だから顔が幼く、年相応の貫禄がないのは、ちゃんと自覚している。なんせ数年前、40歳になった時、若い女性に「20代に見えますよ」と言われてしまったくらいだ。おそらく「トッチャン坊や」みたいな人相をしているであろうことは想像に難くない。
そして俺の欠点は「自分が初老を迎えたオッサンだという自覚に欠けている」ところだ。そう、俺は自分がまだ若者だという、大いなる勘違いをしているのである。だから人の集まりに行っても20代の若い人間にばかり話しかけてしまったり、年相応に30代40代50代くらいの人間に話しかけることをあまりしなかったり、つまり浮いている。
そして俺の致命的な欠点は、なまじっか若い頃に男前だったことを今でも覚えていて、その美男子ぶりが今でも持続していると思いこんでいる。それで若い女ばっか目で追ってしまい、キモがられて面倒なことになる・・・という最悪のパターンに陥ってしまうのだ。
「もう俺は初老で、太ってて、顔もジジ臭く落ちぶれた、醜いオッサンなの!」と自覚できればいいのだが、なまじっか若い頃に超男前だったという事実と、その割に女性と交際した経験がほぼ皆無という事実、これらにより俺は「若い女に執着している気持ち悪いデブオヤジ」という「化物(モンスター)」に変貌している・・・。いやそこまで言ったら言い過ぎか。でも、俺が鏡を見ると、ホントこんな感じ↓。

もうね、自分が醜い肉塊であるという自覚すらないし、その証拠にこのブログのタイトルにも「青春」なんてつけちゃってるし、さすがは子供部屋おじさん!!まあ俺はハゲてはいないけど、腹が出てるしほんと醜いオッサンだよ。
数ヶ月前にソー◯行ったけど、俺の相手をした嬢は気持ち悪かったろうなあ・・・とちょっとだけ気の毒になった。