6月 252022
 

「かぐや様は告らせたい」は、3年前にアニメが始まって、すごく面白いのでマンガも読んだらこれも面白くて、しばらくの間ハマってた作品だ。マンガは文化祭の風船告白の後はグダグダで正直つまらなく、「もう終わっていいよ」的な作品になってしまったが、今期やってるアニメはその風船告白までを描いていたので、最後まで(一応)楽しく見れた。
これでアニメも終わりのようだが、以前橋本環奈主演で実写化されて、ちょっと見たけど「声が汚えなぁ」とガッカリした。もしかしたらアニメ映画化もするのかもしれないけど、この作品は典型的な「出オチ」というか、最初はすっげー面白いのに段々尻すぼみになっていくという、そんでその理由が「実はスクールカーストに敏感な作者」の感性によるものという、なんちゅーか高校時代に不遇だった俺には「段々読むのが辛くなってきた」作品である。
金持ちの子弟が通う上流階級学校の恋愛模様というと、俺はうっすらと「こいつら普通の人間なの?」という疑いを抱いてしまう。
「普通の人間」・・・。そう、俺が予備校に通っていた時、有名な英語の講師に表三郎という人物がいて、大阪市立大学出身の活動家だったが、彼が「自分の授業を警察官の子供が偵察に来る」と言ってたり、他にも「広島に日本の秘密警察の長官がいる」とも言ってた。
そういう「普通でない人間」というのは少なからず存在し、もちろん俺の過去の知人にも何人もいたし、けれどそういう奴に限って一般社会では大きな顔をしている。普通の人間をいいようにコントロールして、自分たち「普通でない人間」の理想の社会を築くために人間関係を操っている――という現実がある。そして金持ちの子弟というのは、大抵「普通でない人間」の一員である。
だから俺は、「かぐや様は告らせたい」を見ていると、「あーあーこんな素直で単純な普通の人間なんて、こういう奴らにはいないから」と思う。こういう奴らは権力の走狗とか体制の維持者であって、頭に生えたアンテナに指令が来るとその通りに動いて思考するラジコン人間なんだよ、と苦笑を禁じえない。
まあ所詮マンガの話だけど、そういうラジコン人間(ナイスな言い回しだな、これ)は、自分の印象や思考よりも「指令第一」「命令第一」だから、俺は判り合おうと全く思っていない。絶対に不可能だからである。それは『=戦時中のゲシュタポの人間にユダヤ人の人権を説く行為』に等しい。わかるかな?
だから俺は他人を信用しない。しかしそれは、他人に責任があるのであって、俺には責任はない。俺に信用してもらえない他の人間が全て悪いのである。

6月 132022
 

俺が最後に秋葉原に行ったのは、もう10年近く前。2000年代はよく行ってたけど、2013年に久々に行ってみたら、PCパーツの店はほとんどなくなってて、食い物屋ばかりになってた。「ずいぶんつまらない街になったなあ」と思い、それ以来一度も行っていない。
だって俺は地元のヨドバシにすら行ってないしな。アマゾンが普及するまでは実店舗まで足を伸ばしてたけど、ネット通販が一般的になったら、そっちの方が品物の種類は多いし値段は安いしで、店舗に行く必要性もないし・・・。
で、秋葉原というと「加藤智大の乱」が思い出される。あれって2008年だっけ?俺が南米に行ってる時に起こったんだよな、あの事件。
こういうことって言ったらいけないのかもしれないけど、あえて言うけど、アキバ加藤の乱のすぐ後に秋葉原にAKB劇場ができて、それからAKB48が急に人気出たよね。んでAKB劇場はドン・キホーテのビル内にあって、そもそもドン・キホーテは2000年代にいろいろ問題視されてた企業で、例えば「店舗の屋上に遊園地を作ったら騒音で皆迷惑してる」と報道されたり、その直後には「オリジン弁当をドン・キホーテが買収するとオリジン弁当のイメージが下がるというのでイオンが買収してやった」と報道されたりしてた。中高生が深夜に集まって騒いでて風紀上問題があるとかも。
こういうのは点を線で結ぶと、裏に何かあるんじゃないかと思えてならないんだけど、当時の都知事は石原慎太郎だし、あいつが衆議院を辞職した理由も耳にしたことがあるし、あいも変わらず「文化の何たるかを理解していない為政者」がアキバを潰しただけのように思えてならない。
もはや秋葉原なんて電気の街でもオタクの街でもなく、エセ風俗が跋扈する街になってしまったようで、昔みたいに外国人客もいないし、そもそも味のあった駅ビルをキレイキレイに改装した時点で「何考えてんだ?」と思ってた。まあ日本のお偉いさんのITやアニメに対する考えというのは、まさにこれ↓だから。

「理解できないものは潰してしまえ!」「理解できないものは排除せよ!」「理解できないものは悪!」という日本的暗黒面が、東京で一番楽しかった街を消してしまった。ああ日本、IT後進国よどこへ行く・・・。メタバースの世界でぶぶ漬けを振る舞うのか。

6月 022022
 

なんか「ペットにマイクロチップを装着するのを義務化する」らしい。

・・・。

これって皆わかってることだけど、後々人間に付けることにするための布石だよね。海外には既に人間にチップを付けてる国も少数あるらしいけど、まあ「1984年」みたいな世界を理想とする連中、それが「為政者」であって。
そして100%間違いなく、そのチップは左手の甲に付けることになるはず。そしてチップの表面には「666」と刻印されてるだろうね。
全ての人間が数字で管理される、デジタル社会!

もっと楽しいことを考えて生きればいいのにな、と思うよ(笑)。

4月 112022
 

「絶対的幸福」を追求すべきという俺の考え方だが、残念ながら世の中の大半のクズは「相対的幸福」を求めるものらしい。
よって、じゃあ俺も相対的幸福を求めようという気になり、とりあえず他人に不幸になってもらおうと思うようになった。他人が不幸になれば、その分相対的に俺の幸福度は上がるからだ。
一昨年からコロナ禍になり、今年からはウクライナ危機になり、日本は直接の戦争被害はなくても経済的にダメージを受けたりして、みんな徐々に不幸になっている。
一方の俺は、一昨年からダイエットに成功したり、去年は禁煙したり自作PCを作ったり腰痛解消したり、今年は脱◯貞したり、微妙~に良いことが続いている。そう、皆の不幸のエネルギーを吸い取って俺の幸福に替えているかのような感がある。
このまま他の連中、いや他の日本人には、「真綿で首を絞めるように」徐々に不幸になってもらい、その分相対的に俺を幸福にしてもらおうと思う。今までは皆の幸せを願ってきたが、俺の気も知らないで人をコケにするような真似ばかりするから愛想が尽きた。俺さえ良ければいい。他の連中の運気を吸い取って、俺だけが幸せになろう。他の日本人は「真綿で首を絞めるように」どんどん不幸になれ。

おまえらの不幸が、俺の幸せなのだから(笑)。
So it goes. そういうものだ。

4月 032022
 

今日は俺の誕生日。
去年に比べてどうだろう?この1年でやったことは?禁煙、部屋のリフォーム、自作PC作成、(軽い)筋トレによる腰痛解消、そして脱◯貞。

・・・ん?結構いろいろ達成できてね?

近所のアライアンス教会、あそこに通うようになってから運気が上向いてるな、なんとなくそう思う。
よし、この調子で、今年は「10kg痩せる」のと「内職を見つける」ことを目標にしよう!

今日の一枚。

3月 182022
 

昔から言われている「たとえ話」には、いろいろ示唆的なものが多い。
例えば「蛇のように執念深い」「蛇を殺すと親が来る」とか。これは俺が嫌というほど経験している、事実でもある。「蛇」という言葉で表現されている何某というのは、それをシンボルにするダン族だが、本当にこのたとえ話通りの生き物である。
だが、こういう話もある。実際に日本であった話だが、「マムシ酒」というのがあって、焼酎にマムシを生きたまま漬けておく珍酒だが、何十年間もマムシを漬けておいたマムシ酒の瓶の蓋を開けたら、中からマムシが飛び出してきて、料理人の腕を噛み、その料理人はマムシの毒で死んでしまった、という。

そういうことだよ。

かのネルソン・マンデラも、何十年間も監獄に閉じ込められていたが、最終的には南アフリカの大統領になった。第二次大戦が終わった後、イスラエルはナチスの残党狩りを止めることなく続けている。

そういうことだよ。

3月 102022
 

今回のウクライナ危機。
ヴィシュヌと協力して世界を維持してきたクリシュナだが、もはや愛想が尽きた。
クリシュナは破壊神シヴァと手を組んだ。
世界を灰燼に帰せよ!