11月 282022
 

パラグアイにいた時に、ある日本からの滞在者と知り合いになった。彼は現地の女性とSNSで知り合って来パしたと言ってて、その家に居候してると言ってたけど、「その家の主人の部屋に鉤十字(ハーケンクロイツ)が飾ってあった」と言ってて、また「その家の正面に統一教会のオフィスが建ってる」とも言ってた。
彼がどういう理由で俺に接近してきたのか知らないけど、とにかく「鉤十字」と「統一教会」がそこではセットになっていたらしい。
スイスのチューリヒにユング研究所があり、ユング心理学とナチスが繋がっていて、それがマインドコントロール(MKウルトラ?)と関係していて・・・とか想像は膨らむけど、ナチスと統一教会が関係あるのかどうか。プーチンは盛んに「ウクライナのナチスを殲滅する」と言っているが、ウクライナの民族主義者ステパーン・バンデラの信奉者が反共思想で統一教会と繋がっているという話も聞いたし、ここに来てトランプが復活したり、いろいろ興味深い。

で、昨日も教会の礼拝に行ったけど、説教で「最後の審判が~」という言葉が出た。
俺はイエス・キリストはただの人間だったと思っていて、彼が殺されたのは、ユダヤ人がしばしば行っていた「預言者殺し」の一つに過ぎなかったと思う。イエスが人間に過ぎなかったというのは、メル・ギブソン監督の映画「パッション」の隠れたテーマでもあり、あれを撮ったせいでメル・ギブソンはその後トラブルに見舞われた。
だってそもそも「神様が人間の姿をとって地上に現れる」なんて非科学的なことがあるわきゃない。だからイエスもユダヤ人を諭しに現れた預言者の一人に過ぎず、その彼をユダヤ人は殺してしまったのに、なぜか「自分たちを救うために犠牲になられた」とか意味不明な主張をしてる(「パッション」では殺されずに助かったけど)。
だから仮に最後の審判なんてのがあるとしたら、天から神様が現れて~なんてことはあるわけないので、結局それは人間の手によるものだろう。
有名な話だけど、「最後の審判」「終末思想」というのはゾロアスター教が起源で、他の宗教はみなそこから真似して主張してるだけ。ゾロアスター教は悪神アーリマンに滅んでほしいと思い続けていて、そのために世界の終末と最後の審判が起こってほしいと思っているから、現在マジで核戦争がヤバそうな雰囲気だけど、もしそうなったらそれこそ彼らの思う壺である。

仮に「ナチスの残党」なんてのがいるとして、彼らが何か画策しているなら、また世界大戦を起こそうとしても不思議はない。
だけどナチスの鉤十字つまりハーケンクロイツは、インド学の中村元もよく指摘するように、セム族も使っていた紋章である。イスラエルのソロモン王の「ソロモン十字」とか「ソロモンの鍵」というのはこれじゃないの?
だから昔から思うのは、ユダヤ民族というのは一枚岩なのかどうか、ということ。その際にいつも思い出すのは手塚治虫の「火の鳥」の最終章である「太陽編」で、あれは狼の仮面を被った男の物語だけど、狼というのはベニヤミン族のシンボルである。
日本にユダヤ人が来ていたかどうか、他の地域には来なかったのか、そもそもどれくらいの人数がいたのか、そういうのはわかる由もないけど、仮に来ていたと仮定しよう。日本の奈良県には「大神神社」があり「おおみわじんじゃ」と読むが、つまり「神=みわ=三輪」なわけである。三輪というのは発音がミワだが、もし「尊称のミ」に「倭国のワ」なら「ミワ=御倭」で、つまり「大いなる和=大和」のことじゃないかなと、ずっと思っている。それが「大神=オオカミ」という字が当てられているから、つまり手塚治虫は日本人のルーツ(の一つ)としてベニヤミン族を想定してたんじゃないか、と思う。

ここで書いてることは、俺=ただのオッサンの「想像」だけど、当たらずと雖も遠からずみたいな気はする。だってほら、イエスの荊の冠、あれをシンボルにしてるのがそもそも・・・ねぇ。

11月 252022
 

北朝鮮北部に白頭山があって、元々は太白山と呼ばれていたらしい。太白山というのは韓国にもあるが、両方とも朝鮮民族にとって象徴的な山として知られている。「太白」というのは古代中国で金星を指す。
金星がルシファーの象徴であることは知られている。いわゆる五芒星というのは、金星の描く軌道が五芒星であることから生まれたと言われていて、加えて金星は天体で最も明るい星であるため、ルシファーの語源である「光」はこれに由来する。その起源はペルシャだと言われる。
以前の「「魔法少女まどか☆マギカ」と拝火教」という記事でも触れたが、「人類に火を与えたプロメテウスが鳥に内臓を啄まれる=ゾロアスター教の鳥葬」であるなら、ゾロアスター教は拝火教ということになる。またルシファーは「光を運んで来る者」でペルシャ起源だから、「プロメテウスが火をもたらした=ルシファーが光をもたらした」つまり「火=光」で「プロメテウス=ルシファー」ということで、古来から両者を同一視する理由はこれである。もっと言えば、ゾロアスターが人類に知恵(=火)をもたらしたという思想もこれである。
だからゾロアスター教は拝火教と同一だとみなされて、イランがキリスト教世界やアメリカの仇敵である理由もこれだ。ルシファーは言うまでもなく悪魔だが、ゾロアスター教はそれと重なると考えられているからだ。
つまり朝鮮半島に太白山があり、金星に由来するなら、これもルシファーというか悪魔崇拝と繋がるので、それがイランと北朝鮮がともに「悪の枢軸」である理由である(その首領が「金」姓なのはすごい偶然だ)。
そして古代、ペルシャは「秦」と呼ばれていて、日本の広島には「秦王国」があり、日猶同祖論では「秦氏」がいてダン族は蛇をシンボルにし・・・という具合で、要するにアメリカが反イランなのも、広島に原子爆弾を投下したのも、その他も、そういった理由による。

ずっと前に見つけたサイトで「ISRAEL’S SYMBOLS And HERALDRY」というのがあって、今はアーカイブが残っているだけだが、ここはなかなか面白い。
例えば「Tribe:Dan」が「Waiting:Judge」と書かれているのはとても興味深い。
そしてJUDAHのシンボルが「A LION」から「THREE LIONS」に変わっていて、「Gen 49:9-11 Judah is a lion’s whelp [The lion has been expanded to three lion’s in many Celto -Saxon countries. A sceptre and grapevine are Judah’s other symbols]とあるが、何のことだろう?
仮にこの世界に「3匹のライオン」がいるとすれば、聖書に「ダンは獅子の子。バシャンから躍り出る」とあるので、ダンが弾左衛門で子なら親の獅子は北朝鮮だから、ライオンとは「狛犬=高麗犬=北朝鮮」だろうか。
もう一つは「パラグアイ国旗裏面のライオン」かもしれない。
そしてもう1つだが、スイスのルツェルンにライオン記念碑というのがあり「フランス革命時にルイ16世を守って死んだスイスの傭兵を称えて作られた」という。
2013年に「スイスってドイツ語圏なのに、通貨はフランスと一緒。スイス傭兵が、フランス革命で殺されたルイ16世を守って戦ったなら、今のフランスのことは嫌いなはず。ではなぜ通貨が一緒なんだろう?チューリヒにはユング研究所がある。もしかしてこれが3匹目のライオン?国旗が十字架なのに?」と親類にメールで送ったら、シリアへの軍事介入問題がストップしたのはただの偶然だろう。
ライオンというのはユダ族のシンボルだが、ユダ族はイスラエルで最も力のある部族である。

日本神話の出雲神話で「スサノヲ→オオクニヌシ」の方向であり、インドの神話では「インドラ→シヴァ」の方向であるが、オオクニヌシは大国様・大黒様でシヴァはマハーカーラ(大黒天)だから、「オオクニヌシ=シヴァ」なら「スサノヲ=インドラ」と対応するはずだ。
インドラは帝釈天だが、檀君神話の帝釈天桓因はこれである。それがスサノヲと対応するなら、では日本でスサノヲを崇拝するのは何某であるか?

結局、現在の危機は、ゾロアスター教やルシファー崇拝・悪魔崇拝をどうするかという問題だと思う。だって「金」が大好きな民族って、いるでしょ?(笑)

11月 192022
 

若い時に読んだ本に強く影響されてしまう、というのは誰でもあって、人によってはそれで右翼になったり左翼になったりするんだけど、恥ずかしいことに俺は「新國民社の本」に影響されていた。
新國民社は古代史関係の本を主に出版していた会社で、いわゆる「八切止夫みたいな」論調の本ばかり出していた、といえばわかりやすいかな?要するに胡散臭いというか、「偽史」みたいなのを大真面目に取り上げる会社である。
その著者の代表が鹿島昇で、知っている人は知っている、ある意味有名人だ。俺はこの人物の本を高校時代にたまたま古本屋で見つけて読んでみて、ものすごく衝撃というか、「えーこんな事実があったの!?」と驚愕して真に受けてしまったんだよね・・・。まあ仕方ないよね。まだ10代のすごく多感で未熟な頃に、こういう感じの本をいきなり読んだら、そりゃ影響されてしまう。
そのため俺はその後長い間、新國民社の本に書かれているような内容をずーっと信じていて、おかげで大学時代は授業を聞いても理解できなかったり、人と話してもトンチンカンなことを言ってしまったり、すごく悪影響を受けて苦労してしまった。その影響から脱却できたのは割と最近である。
だからこのブログの「古代史関連」の文章を読んでも、しばしば「ハァ?」という記述があると思う。ぶっちゃけそれは、新國民社の本の影響なのだ・・・(恥)。

前置きが長くなったが、最近になって鹿島昇についてネットで検索してみると、「韓国民団や統一教会が関係している」と書かれていたりする。例えばこのサイトとか。

今思うと確かにそんな気がする。だって、やたらと「日本の~~は朝鮮起源」とか「日本古代史は朝鮮史をパクって捏造した」とか主張したり、「徳川家康は元々奴隷商人だった」とか日本の価値を下げようという主張をするし、果ては「日本人は奴隷に最適な民族です」って断言したり。昔はリベラルな奴とか思ってたけど、今考えるとものすごく変な奴だ。
それになぜか韓国の大学の教授を呼んできてシンポジウムを開いたり、明らかに偽書である「桓檀古記」なんてのを宣伝しまくったり、確かに韓国とか朝鮮の手先にも見える。

そしてもう一つ鹿島昇の特徴は、オカルティックな論を大真面目に論じるところ。特に日猶同祖論に関して、明らかにインチキなソースによる話を真剣に語る。例えば「大分の国東半島に東表国がありオッフルと呼ばれていて~」と言うが、これは国東の土着の蛇神であるトウベウと、オッフル・マズド(アフラ・マズダー)の組み合わせだろう。つまり国東半島にイラン系の文化とか蛇を敬う文化があった、と誰かに聞いたんだろう。他にも「現在の熊本県に多婆羅(たばら)国があり、製鉄系の国家だった」と言うが、これは田原坂(たばるざか)という地名があるのと、現在のトルコ東部にTABALという地域があり古代のヒッタイトがあった場所なので、タバルと製鉄で繋げたんだろう。
他にも、聖書のダゴン神殿の「ダゴン」と檀君朝鮮の「檀君」が音が似ているので同じだと主張したり、大物主をオーモンと読めばソロモンと同じだと主張したり。要するに日猶同祖論で登場するいくつかの要素を、似た者同士で繋いでしまっているケースが多々見られた。
こういうのは今になったらわかるけど、10代のころにはわかるわけもなく、俺はコロッと影響されてしまったんだよ・・・(恥)。

だけど確かに面白い記述があるのも事実。「なんでそんなこと知ってるの?」と訊きたくなるようなことが書かれているのは確かで、そういうのは今でも不思議に思う。
例えば「日本にはシノガラという秘密結社があって戦後の日本を支配していて~」としつこく書いてて、例えばロッキード事件の政治家がどうだとか、どこかの大学の総長がそうだとか何度も書いてる。そんで何かにつけて「サンカ」という単語を出し、日本のどこどこに彼らが多い~という地図が載ってて、見るとなぜか東海大学の付属高校がある場所だったり(笑)。あと板橋警察署にサンカの資料が大量に保管されてるとか、彼らは大きな河川をエリアの境界にして別れて住んでるとか、だから河川敷を土地転がししてる何某は~とか。他にも、木下藤吉郎は木影(このかげ)という忍びの出身で、元々「川の民」だったから墨俣一夜城ができたのだ、とも。真偽は不明だけど確かに面白いのは事実。
他には「日本が明治時代に朝鮮に侵略したのは、現地の歴史書を奪って焚書して、真実の歴史を隠すため」と言ってて、その時に奪った歴史書は天理大学の付属図書館に保存されているとも書いてた。
鹿島昇は「日本に文化をもたらしたのはとにかく朝鮮である」みたいな考えなので、もちろん天皇も朝鮮半島から渡来したと主張してた。「韓国では日本の天皇が百済の出身であることは国民的常識です」と言ってたけど、これはたぶん朝鮮の百済のエリアに「扶余」という古都があるのと、江上波夫の騎馬民族征服王朝説で沿海州の「扶餘」という国が出てくるので、両者を繋げたんじゃないかな。

個人的に一番面白いと思ったのは、鹿島昇とか八切止夫とかの対談文だったかな?そこに「祇園というのは、古代イランのスサで総督をしていたのがユダヤ人で、そこではGIONという神が祀られていて、スサはヤサカ川の流域にあり~」と書かれてて、これは実際に大学時代に俺の研究室の教授に話したら「僕も聞いたことがあるんです」と言ってた。
あと「朝鮮半島の南東部の、新羅があったエリアの〇〇道(名前失念)の出身者たちが、南北朝鮮両方の軍部の指導部になっているので、南北朝鮮はいつでも統一できる」と断言してた。これはその教授も知ってたし、パラグアイの日本人会の人も知ってたので、有名な話のようだ。

あーあと一番面白かったのは、「大分の国東半島で、九州大学の研究者が地元の居付サンカの某氏に製鉄遺跡に案内され、古い鉄剣を発見し、C14で測定したところ紀元前3世紀に製造された物だと判明した」と書かれてて、その研究者の名前も鉄剣の写真も載ってて、「現在国東半島の民俗館に展示されています」と書かれていた。それで学生時代に国東半島の役場に電話して聞いてみたら「そういうものがあると聞いたことはありますが、どこだかはわかりません。超古代史に関心のある人が問い合わせて来ますが~」って言葉を濁された。
これは国東半島に非常に古い文明が存在した、という論の根拠にされているようだ。本当ならすごく面白いけど。

あとは、新國民社の書籍リストを見てもわかるけど、なぜかこの会社は「東京相互銀行」というのを目の敵にしていた。鹿島昇以外にもいろいろ書いてる人がいて、一体なぜだろうと不思議だった。いわく「サンカ系の銀行」「女子行員を売り飛ばしてる」とか、ホントなの?と思ってたけど、小泉政権の時にその頭取だった長田庄一という人物が逮捕されてたので、あーホントだったのかなーと思った記憶がある。
「長田」について、神戸市の長田区は元々「長田」と書いて「ちよだ」と読んでいたとも言ってて、チヨダ族というのがいたと言い、「チヨダ族は神戸市長田から八ヶ岳や江戸や茨城を経由して、福島に異動した」と言う。これは江戸城を正式には千代田城というので、徳川家が江戸や水戸を拠点としてたことと、明治維新で薩長軍が会津藩を最後に攻めたことからだろう。以前「神戸市長田には奴らの拠点がある」と某掲示板に書かれてたが、何のことだろう?

ちなみにこの手のいわゆる「偽史」に関する本を読むと、100%登場するのが「ウガヤフキアエズ朝」だ。神武天皇の前にウガヤフキアエズ朝72代というのがあった、と全ての偽史に出てくるらしい。俺はもはや興味もないけど、昔「ウガヤ・ジャーナル」というサイトがあって、朝日新聞社員だった烏賀陽(うがや)という人物が文章を書いてて、内容は忘れたが、文中に「烏賀陽というのは珍しい姓で、京都に10数戸しかない」とか書かれてたはず。神戸市には葺合(ふきあえ)という地名があり、千葉県我孫子市には葺不合(ふきあえず)神社というのがあるようだ。

・・・とまあ、こんな感じの内容が書かれた本を、俺は未熟な10代の頃に読んでしまってめっちゃ影響されてしまい、そこから抜け出すのに苦労したのだ。しかもそれを書いた人物が韓国民団や統一教会と関係しているらしいと知って、ちょっと驚いている。であれば逆に、韓国や統一教会は日本についてこんな考えを持っている、という格好のサンプルかと思う。そして奴らが日本の古代史について「攪乱」するためにどんな説を流布しているか、という参考になると思う。
正直俺自身がそういう情報で攪乱させられてた張本人なので、反省も兼ねて書いてみました。

11月 172022
 

俺が2ちゃんねるを見始めたのは2001年で、初めてインターネットというものに触れて、ものすごく刺激的だったし、元来サブカル・アングラが好きな性格だったので、すぐにハマってしまった。
当時は人権問題板というところを頻繁に見てて、今よりもずっとたくさんの人がいて、ちゃんと有益な情報もあった。
ある日俺が、その板に「筒井康隆の七瀬シリーズについて」というスレッドを立て、「他人の心を読む能力を持つ人がいたら、怖いよね」と書いた。そしたら直後に、同じ板に「鮫島事件について~」というスレッドが2つ立てられ、両方とも別のスレッドへのリンクが張られていた。そのスレッドが、例の有名な「伝説の『鮫島スレ』について語ろう」だったと思う。
俺がそっちのスレを見てみると、何が何だかわからない。何パターンかの同じ文章の羅列が何度も繰り返されているだけ。要するに意味不明な内容にしてスレッドを流してしまおう、と誰かがずーっと荒らしてるようだった。
けれど覚えてるのは、文章の羅列の中に2つだけ地名が書かれてて、それが「柏」と「月山」だったと思う(「山形の山中」だったかもしれない)。
「柏」というのは、誰かが柏駅に呼び出されてボコられた~と繰り返されてただけだったが、「月山」は、研究所がどうこうとか繰り返されてた。

月山というのは山形県にある山だけど、月山・湯殿山・羽黒山で出羽三山といい、修験道の山である。月山からは梵字川という川が流れ出ていて、月と梵字だからバラモン教や仏教に由来するのだろうか。
この山は山形県の鶴岡市の近くにあるけど、合併併合して鶴岡市になる前に朝日村というのがあって、90年代の朝日新聞に「・・・朝日村は古来、製鉄系の部族が住んでおり、月夜の晩に住民が火を囲んで踊る風習があった」とか書かれてたのを覚えている。
そして死んだ婆ちゃんが、うちの先祖は朝日村で駐在をしていた、と言っていた。

「伝説の『鮫島スレ』~」だけど、結局のところ通説通り「意味なんて何もない」のかもしれない。けどもしかしたら、何か1つだけ事実だったのかもしれない。それが「月山」とか「研究所」だったとか?わからんけど。
もしくは「七瀬シリーズ」のスレを立てた直後に誘導されたから、テレパスに関する何かとか?ゾロアスター教の秘儀には「人の心を読む」というものがあったと言われているけど・・・。

ちなみに「月」というのは記紀神話ではツクヨミだけど、属性のはっきりしない神格である。太陽のアマテラスが女神だからツクヨミは男神だろうけど、今はどこにいるのか?秦氏のリーダーの弓月君といい、月に関わるものは所在が知れないことが多い。
ただ昔から一つ不思議なのは、日本にはしばしば「古代インドに由来する名称」があって、例えば「土師(はじ)」というのはインドの「ヴァッジ」だし、新撰姓氏録の「意利佐」というのはインドの「オリッサ」で、こういうのは他にもある。あと京都駅の前には「アヴァンティ」という施設があるがこれもインドの地名だ。
だから出羽三山の「出羽」というのも、元来「いでは」と読んでたので、インドの「ヴィデーハ」と似てるなあと前から思っている。月山とか梵字川なんてのがあるのはそれが理由かな、とか。

11月 162022
 

■歴史関連
エドガー・アラン・ポーの「イスラフェル」
ウクライナとクル族
クル族とハザール帝国
ギデオンの武器
ダン族について
もう一度来るのなら
ヨハネの黙示録
アドベンチスタ病院にて

■マインドコントロール関連
南米のスパイ合戦
南米のスパイ合戦②
ナチズム?
ユング心理学と政治起源説

■その他
「魔法少女まどか☆マギカ」と拝火教
邪視(Evil Eye)
パラグアイがどんな国か解説

11月 122022
 

イスラエル十二支族のダン族については再三書いたし、古代史の文章にも書いてあるのでそちらを読まれたい。

旧約聖書の創世記の第49章にイスラエル十二支族の紹介文が書かれているが、この章は不思議な文章で、ヤコブの祝福というが単純な「祝福」ではない。
その中でダン族について書かれた一説が、聖書の版によって微妙に違うようだ。
大抵の版では、

Dan will judge his people (ダンはおのれの民を裁く)
as one of the tribes of Israel. (イスラエルの部族の一つとして)

とあるが、「New International Version」という版を見ると、

Dan will provide justice for his people (ダンはおのれの民に正義を供給する)
as one of the tribes of Israel. (イスラエルの部族の一つとして)

となっている。
前者の「ダンはおのれの民を裁く」とは、judgeとあるから単純に裁判所のことだろうか。
後者の「ダンはおのれの民に正義を供給する」とは、単純に同胞を法的に守ってやるという意味だろうか。であれば警察とか治安機構だろうか。
これに関しては、江戸時代の弾左衛門の配下の穢多身分が、警察や司法の仕事に携わっていた事実とシンクロしていて興味深い。

だが「おのれの民」を「裁く」とは、つまり「同胞を吊るし上げる」「同胞を生贄にする」ということかもしれない。それは彼らが同じ日本人を迫害したり、日本人を利用して自分たちの利益にしようとしたり、そういう行動を取ることのメタファーかもしれない。
そしてイエスこそ、同胞の手によって磔刑に処された人物である。

10月 032022
 

いわゆる「ハルマゲドン」というのは、「ハル=メギド」つまり「メギドの丘」という意味だと、一般には言われている。
しかしもう一つ、「アルマ=ギデオン」つまり「ギデオンの武器」という解釈もあるらしい。

ギデオンは聖書に出てくる士師で、「破壊者」を意味するといい、「強力な戦士」または「(木の)伐採者」を指すという。
この「木の伐採者」というのはつまり「木こり」で、なぜこれが破壊者なのか?

日本の石川県の白山に白山比咩神社があり、日本の白山信仰の総本社である。これの祭神は白山比咩(シラヤマヒメ)だが、別名を菊理媛(キクリヒメ)という。菊理媛はククリヒメともいうが、これが白山信仰と被差別民との関連から、「コ(ウ)クリヒメ(高句麗ヒメ)」だという説がある。
そして「キクリ=ククリ=コウクリ」というのは、「キコリ=木こり」と発音上は同じなわけで・・・。そもそも日本語には、「こる」「木をこる」なんて動詞はない。「切る」が訛った発音である。つまり「キコリ=キキリ=キクリ」だから、菊理媛は木こりとも高句麗とも関連がある。

余談になるが、木こりといえば金太郎だが、金太郎飴つまり千歳飴というのがあるが、「千歳」という漢字は一文字で書けば「穢」である。

だから聖書の概念が日本語にどう対応するのかはともかく、「ギデオン=破壊者=木こり」なら、それが高句麗つまり北朝鮮ということになる。ハルマゲドンが「ギデオンの武器」なら、最終戦争というのは、北朝鮮との核戦争のことを指すと、聖書は語っているのかもしれない。

で、Wikipediaでギデオンの項を見ると、「・・・彼は東方正教会の聖人と見なされており、彼の聖人暦は9月26日に保たれている(それらの教会は、伝統的なユリウス暦に従っており、現在の9月26日は現代のグレゴリオ暦では10月9日に当たる)。」と書かれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ギデオン