3月 312021
 

「星を継ぐもの」という有名なSF小説があって、3部作なのだが、俺は数年前に1冊目だけ読んで、普通に面白いなと思った。その後時間が経ち、ふと思い立って2冊目と3冊目も買って、1冊目から読み直して、さっき3部作を全部読んだ。
この作品が書かれたのは1980年前後で、冷戦真っ只中の時代。いわゆる近未来SFとかではなくて、なんちゅーか「文明論SF」みたいな感じだったけど、要するに「一握りの一族が人類の富を握って世界を操っているが、そいつらは実は宇宙人だった」というお話だった。
実際に世界を一握りの一族が操っているというのは遠からず事実だろうし、その辺は俺も高校時代に「赤い盾」という本を読んで「あーそうなのかー」と思った。その辺の詳細は俺にはわからないし勉強不足だけど、「星を継ぐもの」は、世界の富を握っている一握りの王侯貴族というのが、自分たちの既得権益を守るために科学技術の発展を妨げていて、一般大衆を愚かなままにしておき、文明の発展をもコントロールしている、というお話だった。この小説は、その王侯貴族が実は宇宙人で、人類を仇敵とみなしており、そのために恣意的に発展をコントロールしている、という筋書きだった。
俺はこれに近いことを昔から考えていて、別に宇宙人とは思わないけど、ぶっちゃけユダヤ人はそういう存在ではないかと思っている。エヴァンゲリオンを引き合いに出すまでもないけど、俺は現在の文明は人類にとって一度目の文明ではなく、何度目かの文明だと思っている。俺のようにインドのことを学んだ人間ならそう思う者は少なからずいるはずだ。そして現在の文明の一つ前の文明の生き残りがユダヤ人で、彼らは前文明の知識やノウハウを持っているがゆえに、今でも世界をコントロールできるのではないか、と思っている。
例えば金融の知識や原子力の知識など、彼らが妙に活躍している場は少なくない。そういうのを「ユダヤ人は優秀だから~」という論で片付ける場合が多いが、俺は全くそうは思わない。彼らが特段優れた民族だなんてこれっぽっちも思わない。それは、日本で「特定の人間たち」が学問の世界を牛耳っているのを見ればわかるだろう。彼らは別に優秀でもなんでもないのに、同胞だけを重用して選んでいて、自分たちの仲間しかグループに入れないので、そう見えるだけである。ユダヤ人もそれと同じことをやっているのは想像に難くない。
なぜユダヤ人が現在これだけ世界をコントロールできるのかといったら、前文明のノウハウをたくさん持っていて、それを徐々に小出しにしているからではないか、と昔から思ってきた。それと同じことをして彼らに対抗したのが大戦中のドイツではないか、とも思ってきた。事実ナチス・ドイツが古代の文明に極めて強い興味を持っていたことは知られているし。そうでなかったらあんなにユダヤ人ばかりノーベル賞を獲れるもんかね。その辺は俺の古代史の文章を注意深く読めば伝わってくると思う。
「星を継ぐもの」は、それがユダヤ人ではなく宇宙人だった、というお話だけど、多分作者のJ・P・ホーガンも俺と同じことを考えていたと思う。なぜならその宇宙人の名前が「ジェブレン人」で、JEWに由来する名称だからだ。この辺は「スター・ウォーズ」とか「機動戦士ガンダム」の作者も通じることを考えていたのがわかる。世の中そんなにバカばかりではない。
まあ単純にSF小説として面白いのでオススメです。SFの名作中の名作の一つと言われている作品だし、もっと若い頃に読めばよかったな、と思ったよ。

3月 272021
 

今でもわからないことがあるのだが、もう20年近く前、2002年のことだ。
俺は当時、大学を卒業して実家に帰ってきて、ネットゲームにハマっていた。その中でも「リネージュ」というやつを一時期熱心にやっていたのだが、ある日いつものようにそのゲームをやっていて、一人でフィールドをウロウロしていると、別のキャラクターが近づいてきた。確か名前は「Vessel」だったと思う。
そのキャラクターのことは全く知らなかったのだが、なぜかそいつが俺の近くで、会話ウインドウに英語の文章を書いた。長文だったので俺は「?」と思い、読もうとしたが、知らない単語が入っていて読めない。それで一応内容を書き留めておいた。
その後その出来事のことは忘れてしまい、書き留めた紙もどこかへ行ってしまった。
けれど2005年になって、なんとなく気になって、文章中の単語をいくつか思い出し、それらの単語をGoogleで検索してみた。すると、それはエドガー・アラン・ポーの「イスラフェル」という詩の一節だとわかった。古い英語で書かれているために知らない単語があり、そのままでは読めないので、俺は気になって、アマゾンで「ポー詩集」を購入してみた。しかしそれを読んでも、何のことだか意味がわからなかった。
参考までに、その詩を下に掲載しておこう。
 

In Heaven a spirit doth dwell
“Whose heart-strings are a lute”;
None sing so wildly well
As the angel Israfel,
And the giddy stars (so legends tell),
Ceasing their hymns, attend the spell
Of his voice, all mute.

Tottering above
In her highest noon,
The enamoured moon
Blushes with love,
While, to listen, the red levin
(With the rapid Pleiads, even,
Which were seven,)
Pauses in Heaven.

And they say (the starry choir
And the other listening things)
That Israfeli’s fire
Is owing to that lyre
By which he sits and sings—
The trembling living wire
Of those unusual strings.

But the skies that angel trod,
Where deep thoughts are a duty,
Where Love’s a grown-up God,
Where the Houri glances are
Imbued with all the beauty
Which we worship in a star.

Therefore, thou art not wrong,
Israfeli, who despisest
An unimpassioned song;
To thee the laurels belong,
Best bard, because the wisest!
Merrily live, and long!

The ecstasies above
With thy burning measures suit—
Thy grief, thy joy, thy hate, thy love,
With the fervour of thy lute—
Well may the stars be mute!

Yes, Heaven is thine; but this
Is a world of sweets and sours;
Our flowers are merely—flowers,
And the shadow of thy perfect bliss
Is the sunshine of ours.

If I could dwell
Where Israfel
Hath dwelt, and he where I,
He might not sing so wildly well
A mortal melody,
While a bolder note than this might swell
From my lyre within the sky.
 

この詩の冒頭の一節が、リネージュの会話ウインドウに書き込まれたのだ。一体何が言いたかったのだろう?
ちなみにイスラフェルというのは、正確にはイスラーフィールといい、Wikipediaには「イスラム教において、最後の審判の裁きを知らせるラッパを吹くといわれ、音楽をつかさどる天使」とある。当時調べてみたら、ユダヤ教のメタトロン、つまりミトラに対応するとのことだった。

・イスラーフィール(Wikipedia)・・・https://ja.wikipedia.org/wiki/イスラーフィール

あれは一体何だったのか。未だにわからないし、わかる気配もない。イスラーフィールに何かあると言いたかったのか、それともエドガー・アラン・ポーに何かあるということなのか。何が言いたかったんだろう?

3月 182021
 

俺はメールアドレスをいくつか作って使い分けているのだが、その中でもメインに使っている某メールサービスがある。
このアドレスを作ったのは南米にいた時で、当時ノートPCに向かいながら「どんなアドレスにしようかな~」と悩んだことを思い出す。それで「よし、”青い太陽”にしよう!」と思い、ブルー・ソルと打とうとして、スペルミスをしてしまい、bruesolとしてしまった。
その後このアドレスは放置していたのだが、昨年からメインで使うようになり、まあ別にいいんだけど、bluesol@~でなくbruesol@~なのをずっと嫌だと思っていた。だってスペルミスだよ?青をbrueって・・・。そんな単語ないだろって。
けれど昨日、Google翻訳でこのメールアドレスを翻訳してみたら、なんとヘブライ語で意味のある単語であることが判明した。ヘブライ語では、「brue=橋」「sol=太陽」なのだ。つまりbrue solで「bridge sun」という意味だったのだ。
これを見て、俺は死んだ婆ちゃんのことを思い出した。婆ちゃんは俺が南米に行っている時に死んだのだが、俺が大学に合格した時、夢を見たと言っていた。俺は高校時代からいろいろ不幸な目に遭っていたが、婆ちゃんは俺が一浪して大学に合格した時に夢を見て、それは「俺が、橋の下の暗いところから、上の方にある明るい光の方へ歩いていく」という夢だったらしい。
当時カーチャンが、「お婆ちゃんは昔から霊感があるから、こんな夢を見たってことは、〇〇の人生もきっとこれから良くなるよ!」と嬉しそうに言っていたことを思い出す。
そう、「橋」と「太陽」とは、婆ちゃんが見た夢そのままのモチーフだったのである。
俺が南米に行っている時に死んだ婆ちゃん、その当時に作ったこのアドレス、それがヘブライ語・・・つまりイエスの言葉で、婆ちゃんが見た夢に出てきたものを含んでいたのだ。
スペルミスの結果生まれたアドレスだが、きっとこのアドレスは、婆ちゃんが俺に作らせたんだと思うことにした。ありがとう婆ちゃん、俺はあれからいろいろあったけど、今でも元気だよ。俺はこれからだ。
そんなわけで、このアドレスを使い続けることにした。ブルエソルって何?と問われたら、こう答えよう。「これはイエスの言葉で婆ちゃんの夢を表したものだよ」。

7月 162020
 

最近PCゲームを3つ買い、どれも「当たり」だった。「Call of Duty:World War Ⅱ」は、久々に面白いと思えるFPSで、バランスもテンポもストーリーも良く、マルチも結構楽しい。「EVERSPACE」というのは宇宙ものコンバットシムだが、短時間でちょっと遊ぶのにもいいし、なかなかの良品だ。「Age of Empire Ⅲ」は俺の好きな古めのRTSで、こないだまでやってたAoMみたいにサクサク攻略できるのがいい。Ⅱは難しくて途中で断念したけど、Ⅲは難易度も下がってメリハリがあるゲームシステムなので、当分楽しめそうだ。
これらをクリアするのにあと2ヶ月くらいは遊べそうなので、当分退屈しなさそうである。終わったらPS1版のFF7をやるか、PC-98のYU-NOをやってみる予定だ。PCゲーマーとしてしばらくゲームには困らない日々が続きそうである。
昔は語学に興味があったが最近は全然勉強してないな。南米にいた頃はスペイン語の勉強をしつつ英語でブログを書く、ということもやっていたが、今はもうどっちもほとんど覚えていない。一応辞書無しで南米を旅行するくらいのことは出来たのだが・・・ちょっとしたジョークを言ったり。今ではスペイン語の動詞の格変化とか全然忘れてしまったなあ。
俺は2年間南米にいたわりにはスペイン語は下手くそだった。けれど「コミュニケーションを取る」というのはよく出来てたほうで、英語とスペイン語をチャンポンにして喋ったりしてたけど(Yo quiero go to la casa of Che Guevara とか笑)、辞書も持たずにあちこちに行っていたものだ。今から勉強をし直して、TOEICとかスペイン語検定とか受けてみようかな?まあ外国語をマスターしても使う機会が無いんだけど・・・。
俺のいた国はパラグアイという国だが、ここは「南米の北朝鮮」みたいな国だった。日系人で偉い奴らはみんな広島の出身で、統一教会がJICAとつるんで何かをやっていたり、国境のあちこちに抜け道があったり。まあマトモな国ではなかったな。それは日本から来た人が皆言ってたことだったが。
どこの国でも同じかもしれないけど、あの国で旅行会社を経営してる奴には悪い奴が多く、日系人の旅行会社にも悪い奴がいて、金を横領したりしてて、実は俺も数千ドル巻き上げられた。
また韓国人のやってる旅行会社は、店舗の前で見せしめに奴隷みたいな人たちが座らされてたりしてた。その中の片手が動かなくなった女性は「私は昔いろんな男に言い寄られた。この腕輪はあの男に、この腕輪はあの男にもらったんだ。けどあいつは、私を鎖に繋いで鞭で打ったんだ!そのせいでもう片手が動かない」とか言っていた。俺はその女性に、持っていたビー玉をあげた。そして「元気出せよ」と言ったら、その女性はビー玉をまるで宝石のように見つめていた。・・・そんなこともあった。
あの韓国人旅行会社は怖すぎるので深入りはしない方がいいだろうが、その向かいには別の韓国人のやっているデスペンサ(雑貨屋)があって、そこの主人や奥さんは俺にとても良くしてくれた。そう、悪い朝鮮人だけではない。何人だからどうこうだというレイシスト的思考は間違いだ。俺がこういうことを言うと物凄く説得力があるということは、わかる者にはわかるだろうね。俺がヒトラーみたいな考えにならないのは、そういう良い人の存在をちゃんと知っているからだ。何でもステロタイプに考えることは間違っている。
あの国では大使館の人たちにもお世話になったし、悪い思い出ばかりではないのだが、果たして「行った意味はあったの?」と訊かれると・・・う~ん、多少の人生勉強にはなったかな、とは思うけど・・・。まあ逃げるように行った国だったから、万事後ろ向きだったことは否めないな。
「後ろ向き」、これは俺の人生にとって常に付きまとう問題だ。痩せたいという願望もかつて超男前だった時代に戻りたいという後ろ向き思考、大学受験をやり直したいというのも学歴コンプから来る後ろ向き思考、それに卒論指導をちゃんと受けたいというのも卒業してるのに抱く後ろ向き思考だ。何というか「前に進む」という発想が無いよな、俺って。それは「他人の足を引っ張る」というゴミどもが存在する故仕方のないことではあるが。日本人はなぜ他人の足を引っ張ることは超一流なのだろう。だから俺は他人と関わりたくないのだ。
ビー玉をあげたあの女性は、その後どうなったかな。あそこから解放されて幸せになっただろうか。他人の幸せを気にしてる場合じゃないけど、ふと気になってしまった。

12月 212019
 

気がつけば12月も終わりに近づき、ということは1年が終わろうとしている。
今年はどんな年だったか、と問われたら、「ええ、あいも変わらず無為な年でしたよ」と答えるしかない。もちろん年始にはいくつか目標を立て、今年こそは有意義な年にしようと思っていなかったわけではない。しかし振り返ってみれば、やはり無為な一年だった、と言う他ない。
唯一変わったことといえば、せいぜい内職をしていたことくらいだろうか。それまでは完全ニートだったが、現在は毎日内職をして、小銭を稼いでいる。おかげで最近になって欲しい物がいろいろ買えたし、貯金も少し増えた。父ちゃん母ちゃんに誕生日のプレゼントをあげて、家に少し金を入れることもできる。僕らの生まれてくるずっとずっと前に、かのアームストロング船長が「私にとっては小さな一歩だが~」と語ったのと同じように、小さな一歩を踏み出すことはできたかもしれない。
世間を見れば、やれ桜の会だとか、やれ事務次官の子殺しだとか、そういうニュースがやっているが、一番重要なのは北朝鮮の問題だろう。最近は北朝鮮がクリスマスにICBMを発射するのではないかとか、またそういう報道がされるようになった。
俺は学生時代にインド哲学科に所属して主に神話の勉強をしていたが、そんな俺にしかわからないこともあると思う。それは数字の「9」のこと。アーリア人つまり印欧語族は「9」というサイクルで世界が更新されるという発想を持っており、それは数詞の「9」と形容詞の「新しい」が同じか似ている、ということからわかる。例えば英語ならNineとNew、ドイツ語ならNeunとNeu、スペイン語ならNueveとNuevoなどで、サンスクリット語では両方ともNavaで同じである。これはインドならスーリヤという考え方なのだが、要するに9のサイクルで世界が新しく生まれ変わる、という発想である。
そして2001年9月11日にNY同時多発テロ事件があって、それから9年後の2010年には、チュニジアでジャスミン革命があった。その事件からいわゆる「アラブの春」が始まり、騒動はアラブ全体に広がって、3年後の2013年には世界各国がシリアに軍事介入する寸前まで行った。それがどういうわけか(俺は理由を知ってるけど)ポシャって、やがてアラブは政権が大体元に戻り、事態は沈静化した。
アーサー・C・クラーク原作の「2001年宇宙の旅」の続編も「2010年」だから、この年に何か起こるというのは、印欧語族の間では予測済みのことだったんだろう。もしシリアへの軍事介入がそのまま実現していたら、そのまま世界大戦になって、世界は滅んでいたかもしれない。
そして今年は2019年だから、さらにその9年後である。だから何か起こるとすれば、今年のはずだったのだ。今年はまだ終わっていないから、もしこれから何かあるとすれば、それは北朝鮮のミサイルが引き金になるとか、イランが何かするとか、そういうことのはずだ。俺の歴史の考察を読めばわかるかもしれないが、北朝鮮というのは弓月の君の国でつまりクル族の末裔だから、シヴァを奉じているはずで、であればシヴァは破壊神だから、北朝鮮が世界を滅ぼそうとしても全く不思議ではない。
この辺は世界情勢を解説している人もわかっていないことが多いが、「基本的にどこの国も戦争は望んでいない。基本的に平和を望んでいる」と考えるのは間違いだ。北朝鮮という国は、「積極的に戦争を起こして世界を滅ぼしたいと思っている」国である。だからクリスマスに何かするとか報道されているが、本当にする可能性が高いのである。それをわかっているから、アメリカはあんなに低姿勢で北朝鮮に接しているのだ。だからアメリカも、早いうちに北朝鮮は軍事攻撃して目を摘んでしまったほうが、後々のためなのである。もちろんそれは日本のためにもなる。
おっと話が脱線したが、別に俺は世界が滅んでも全く困らないのでどうでもいい。それよりも、今年立てた「ダイエットする」という目標は結局達成できなさそうだ。1kgも増えなかったが、1kgも痩せていない。現状維持のままだ。せめてあと10kgは減らさないと糖尿病が怖い。そう思い、先日アマゾンで「自宅でできる糖尿病検査セット」というものを買ってしまった。自分で血を採ってそれを機関に送って検査してもらう、というものである。最近は体調がいいからまだ糖尿病ではないと思うのだが、ちょっと怖いなあ・・・。
そして最近またPCゲームをやり始めたが、気がつけば俺のPCも低スペックな部類に入るようになってしまった。Core i7-6700、メモリ8GB、グラボGTX960の2GBなのだが、これではMSFS2020は快適には動かないな、間違いなく。今はメモリ16GBにグラボが4~8GBが主流だから、俺もいい加減にパーツ交換せんといかん。というわけで、また欲しい物が増えてしまった。スマホを買うかメモリ&グラボを買うか、どっちも金額的には同じくらいだけど、どちらを選ぶべきか、さあ悩みどころだ。とりあえずMSFS2020を実際に動かしてみて、どれくらいスペックが足りないかわかってから買ったほうがいいかな?
というわけで今年もあまりいいことがなかったが、取り立てて悪いこともなく、まさに「無為な一年」だった。来年こそは「Let there be Light!」。

7月 172019
 

俺はネットで小遣い稼ぎをしていると以前書いたが、そのサイトがとてつもなくバカなサイトだというのも書いた。そして今調べてみたら、俺が文章を書いているようなサイトは、「いかがでしたかブログ」と呼ばれているのだそうだ。
要するに、記事の末尾に「~いかがでしたか?」という一文を付けて文章を締めくくっているような体裁のサイト、だかららしい。
確かに俺も、記事の末尾に「いかかでしたか?」と締めくくったことはある。しかし誰に習ったためでもない。いつの間にか、そういう文章の書き方が身にしみてしまっているのだ。
この文章この文章を読めばわかるが、やはり俺のような「いかがでしたかブロガー」は、皆やっていることは同じのようだ。Wikipediaの内容を文体を変えて書く、既存のいかがでしたかブログの文章を表現を変えて真似する、コピペチェックツールに引っかからない程度に表現を変えて書く、など・・・。なぁんだ、みんな同じこと考えてるんじゃん、と思って少し安心した。また「SNSをベタベタ貼り付けて~」というのも、俺だけが思っていることではなく、やはり誰でも思うことのようだ。
こういうバカサイトが蔓延するとネット社会が退化してしまうのでは・・・と杞憂を抱いているのも俺だけではないようで、要するに俺が思ってることって皆が思ってることだったんだね。そりゃそうだよなあ、こんな糞の役にも立たないバカサイトが検索上位に来るんじゃあ、ネットのユーザビリティが下がるもの。
しかしまさかこういうサイトに「いかがでしたかブログ」なんて蔑称まで付けられているとは・・・そして俺自身がそれに加担して金をもらっている立場だとは・・・。上記の2サイトには、俺が言いたいことが集約されてみな書いてあるので、よく読んでみてほしい。
今のところ一記事700円だけど、それってどうなんだろ。一文字換算で0.5円にもならないんだが・・・。せめて一記事1000円とか、できれば一文字一円とかになってくれたらいいのになあと思いながら、今日もセコセコ駄文を書いてる。早いもので昨年12月に始めてからもう7ヶ月も経った。何も得るものはないし、何かスキルが伸びたということもない。ただのバイト以下の駄文書きだ。これでいいのだろうか、いかがでしたかブロガー!

・・・いかがでしたか?今回もお読みいただきありがとうございました。早く人生が終わってほしいですね!

7月 212018
 

俺は今まで、14年間に渡り自作ホームページを公開してきて、そこにブログも付随させて、約7年間継続してきた。
けれど昨今のホームページ文化の終焉、その他諸々の理由(知り合いに見られたくないとか)により、全てを削除して、全く新しくブログを開設することにした。
今日は2018年7月21日、オナニーの日だ。現在○歳無職童貞、彼女なし友達なし、未来の目標は作家になること。
ちょっとだけ俺の自己紹介をしておくと、某旧帝大を卒業後、バイトと派遣をいくつかし、その後はニート、そしてその後一念発起して南米に渡航したが、そこでもハブられて泣く泣く帰国、その後は完全ニートとして、作家になるべく読書に励む毎日だ。趣味は読書、音楽、アニメ、PCゲーム、あと昔はバイクに乗ってた。
こうやって心機一転しても上手く行った試しがなく、むしろ悪いことが起こることが多かったこれまでの人生だが、今回も夏の暑い日にふと思いたち心機一転を図ってみた。果たしてどうなるか・・・とりあえずよろしく。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ