8月 152018
 

自分で小説を書くようになってみて、やっぱり引き出しは多いほうがいいと思い、去年は頻繁に映画を観ていた。半ば義務感で、一週間に五本とか見てた時期もある。けれど次第にめんどくさくなり、段々見る本数が減っていき、今では月に一本くらいしか観ていない。
何と言うか、集中力が続かないと言うか、めんどくさいと言うか・・・。たかだか二時間程度の集中なのだが、何となくめんどくさい。アニメは30分集中して観れるのに、なぜ映画はめんどくさいのか。よっっぽど観たい映画なら集中力も続くんだけど、そうでもないのは「二時間もあるのか」と思い、及び腰になってしまう。
こんなことではいけないと思うのだ。かつて「漫画家になりたければ、漫画を読むより映画を観ろ」と言われていたらしい。俺だっていつの日か作家になりたいし、面白い話を作るには、アニメばかり観ているのではなくて、映画を観なければダメなのかなあと思う。
いま映画館に行ってまで観たいと思う映画は「銃夢」だ。俺は大学生の時に銃夢の漫画を読んで大好きだったので、これはどうしても観たい。けれど映画館には行かない。なぜかというと、タバコが吸えないからだ。俺は重度のヘビースモーカーなので、最低でも三十分に一本はタバコを吸わないと耐えられないのだ。
だから俺が映画を観る時は、自室でAmazonビデオでである。これはいいぞ~。PCの画面で、無料か、高くても300円くらいで観れる。一昨年からず~っとこれで映画を観ている。引きこもりには強い味方だ。
とりあえず、今観てみようと思っているのは「メメント」と「ファイトクラブ」だ。両方とも名作なので、ぜひ観てみようと思う。他にもまだ観てない名作はいっぱいあるので、「義務感に捕われずに」観ていきたい。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

8月 022018
 

もう10年以上前のことになるが、俺はネットラジオをやっていた。2ちゃんねるの独○男性板というところにネトラジスレがあり、そこで放送してた。
きっかけはたまたま俺がそこで他の人の放送を聞いて、面白いと思ったからだ。喋っているのは皆普通の人たちだったが、みんな好き勝手に雑談をして、そういうのは当時他になかったので、聞いてるうちに「自分もやってみたい」と思うようになり、すぐさま電器屋でマイクを買ってきて、自分も始めてみた。
最初のうちはいろいろ好きなことを喋ってて面白かった。俺は洋楽が好きなので、BGMにCDをかけたりしてた。当時はmixiも流行ってたので、それと連動して、他のネトラジDJとの交流なんかもあって楽しかった。
しかし・・・しばらくやってると、キチガイに粘着されるようになった。そもそも2ちゃんねるはキチガイが少なからずいるところだが、ネトラジスレには特に多かったように思う。次第にそういうキチガイが幅を利かせるようになり、スレを使って延々と何百レスもDJ叩きをしたり、悪口を言ったり、そういうのが増えてきた。俺は当時から自分を多分に卑下して自己紹介してたので、余計に叩かれる頻度は高かった。
叩くだけならまあどこでもあるんだろうけど、2ちゃんねるの連中はバカだからねえ。たかがネトラジで声を聞いてるだけなのに、俺のことを何でも知ったかのような気になって好き勝手な批評を繰り広げてて、俺は「ああこいつらは真性のバカなんだな」と思い、それ以来放送はやめた。
当時はmixiが流行ってたけど、俺は自分のリスナーという女とオフ会をしたこともある。そいつは俺のマイミクだったんだけど、メッセを送って、秋葉原で会ってみた。そしたら、これ以下はないな、と思えるほど酷すぎる女が来た。もうほんとに酷いの。チビでデブでブスで服装はダサいし、なんつーか田舎の大根女が服を着てるだけって感じの。おまけに「東南アジアってどこだかわからない」と言うほどの大バカだった。要するに『最底辺』のゴミ女だった。要するに所詮そういうのがリスナーなのである。男のキチガイも同じような最底辺だろう。
そういうのに粘着される日々は、放送をやめて南米に渡ってからもしばらく続いたが、まーキチガイは放置するに限るのでずっと無視してたら、自然といなくなった。
その後流行はネトラジからニコ生に移り、今はふわっちというのが人気のようだが、当時一緒に放送してた奴らはどこに行ったのかね・・・。もうみんないい歳だろうから、結婚してる奴もいるんだろうけど。ふわっちってのはたまに見るけど、マジ廃人みたいな奴ばっかなので、やっぱ顔が見れるってのは大事だと思う。俺が唯一見るのはよっさんの放送だけだけど、彼は配信するだけで年収一千万くらい稼ぐらしい。ネトラジではそういうのは無かったけど、もし俺が10年遅く生まれてたら、ふわっちで配信とかしてたんだろうか。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

7月 262018
 

去年の今頃だったなあ、なろうに自作小説書いていたのは・・・。あの駄作は、何も考えずに始めてしまったため、途中でネタ切れになり、見事にエタってしまった。あれから一年、俺は懲りずにまたなろうで書き始めた。
今回は以前のに比べれば、一応骨子もあるし、とりあえず最後まで書いてみたいと思っている。何と言うか、一番ダメなのは「何もしないこと」だ。2013年にいろいろあって、あれからちょうど5年だ。これだけインターバルが空き、充分に休息をとったのだから、そろそろ何か始めてみるべきである。所詮WEB小説と言っても何もしないよりはずっといい。とりあえず今回の目標は「最後まで完結させる」だ。別に書籍化とかそういうのを狙うわけでなく、とりあえず小説を書く練習として、完結させることを第一目標にする。まずはやってみよう。
それにしてもなろうをちょっと見回してみると、何故皆同じような内容でばっか書いてるのだろう。「異世界」「転生」「チート」そればっかり。・・・俺は人真似をするのが人一倍大嫌いなので、絶対に異世界転生ものは書かない。なろうの人気ランキングを見ると、ほとんどが異世界転生ものだが、それだけ読んでる奴にバカが多いんだろうね。なんで皆と同じ内容のを読もうとするかな。
俺は学生時代から「オリジナリティ」を一番大事にするので、絶っ対に他人と同じなのは嫌なのである。どんなに人気があっても異世界転生ものだけは読まないし認めない。あれはクソだ。そのクソの異世界転生ものを凌ぐことができるように、今回はとにかく「最後まで完結させる」ぞ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

7月 232018
 

長いこと完全ニートをしている俺だが、大学を卒業して数年間はいろいろ働いていた。その中で、唯一ハロワで見つけた仕事がある。それは、学習塾と言うか、予備校だった。わかる人はわかるだろうが、DVDで授業を見せるという、あの予備校である。
その予備校は、木更津に本拠地があるというもので、面接もそこで行った。わずか15分ほどの面接で合格になり、まあその時点で胡散臭いと気づくべきだったのだが、俺は愚かにもそこで就職を決めてしまった。その予備校というのはDVDで授業を見せるという体裁なため、俺のやることは生徒のフォローや学習指導というものだった。将来の室長やリーダー候補という触れ込みだったので、曲がりなりにも高学歴な俺は、世の中にブラック企業というものがあることもよくわかっておらず、「よし、やるぞ!」と意気込んでしまった。
・・・そしたら、実際に働くのは地元の駅前の教室だったのだが、まず「営業」がある。普段の業務は昼12時から夜までだったのだが、月に数回早起きして、駅前でビラ配りをしたり、どっかの高校の前まで行ってビラ配りをしたり、そういう営業行為をやらされた。
そして実際の教室での業務だが、これが周囲のバカどものせいでやる気を削がれた。まずそこの室長の女社員がいたのだが、そいつが最初から俺を目の敵にしており、いちいち嫌がらせをしてくる始末。そもそも俺以外の奴らはまともな大学も出ておらず、俺は「自分で勉強もできなかった奴らが他人に勉強のやり方を教えられるわけねーだろ」と半ば呆れながら仕事をしていた。
だって「誰々がどこどこ大学に合格!」というビラを作ってたので見てみたら、「筑波大学の体育学部に合格!」とか書いてあるんだもん。・・・あのさあ、体育学部って勉強して入るところじゃないでしょ。スポーツができる奴がスポーツの能力で入るとこでしょ。それを「体育学部に合格!」とかさあ・・・。ほんとバカじゃねーの。要するにそいつらは、一般常識も無いのである。こんな奴らが他人に勉強のやり方を教えられてたまるか!笑わせんな!
そういうわけで、俺は数週間でやる気が無くなった。毎日職場に足を運びながら「クビにしてくれねーかなー」と願っていた。大体試用期間は時給900円とかの奴隷労働なのである。やる気なんて起こるわけがない。そしたら、一ヶ月が経った頃、めでたくクビを言い渡された。最後の方はテキトーに遊んで仕事してたし、まあ当然かな。俺はバカが嫌いなので、クビを告げられた時は正直ホッとした。
ここの評判をネットで調べてみると、出てくるわ出てくるわ、ブラック企業との評価。当時はまだブラック企業なんて言葉も無かったしネットで評判なんて調べられなかったけど、今だったらいくらでも出てくる。当時これだけわかったら、俺は就職しなかったな。そもそも思うのだが、DVDで授業を見て、何がわかるというのだろう。生で授業を受けて、わからないところがあったら随時質問する、そういうのが「授業」だろ。ここはDVDで授業を見せるという手抜き予備校であるにもかかわらず、何故か授業料は他よりも高いというDQNぶりだった。
俺が思うに、DVDで授業を見るのなら、苦手な教科に特化して単科講座的に利用するのなら効果は上がると思う。けれどここは、朝から晩まで何時間もDVD授業を見続けて、しかも勉強をわざわざ教室でやらせるという方針だった。まあ要するに、勉強のやり方がわかってない奴が運営しているのである。その証拠に、木更津の校長の経歴を見ても、まともな大学は出ていない。自分が勉強のやり方がわからないのに、他人にやり方を教えられるわけねーだろ!バカじゃねーのか!!
そんなわけで、俺はそれ以来ハロワには行っていない。大体当時のハロワでは、そこが一番年収が高いと出てたのだ。それがこんなDQN企業とは・・・。もう二度と行く気力は起こらなかった。あれから○年か・・・時の経つのは早い。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

7月 212018
 

俺は今まで、14年間に渡り自作ホームページを公開してきて、そこにブログも付随させて、約7年間継続してきた。
けれど昨今のホームページ文化の終焉、その他諸々の理由(知り合いに見られたくないとか)により、全てを削除して、全く新しくブログを開設することにした。
今日は2018年7月21日、オナニーの日だ。現在○歳無職童貞、彼女なし友達なし、未来の目標は作家になること。
ちょっとだけ俺の自己紹介をしておくと、某旧帝大を卒業後、バイトと派遣をいくつかし、その後はニート、そしてその後一念発起して南米に渡航したが、そこでもハブられて泣く泣く帰国、その後は完全ニートとして、作家になるべく読書に励む毎日だ。趣味は読書、音楽、アニメ、PCゲーム、あと昔はバイクに乗ってた。
こうやって心機一転しても上手く行った試しがなく、むしろ悪いことが起こることが多かったこれまでの人生だが、今回も夏の暑い日にふと思いたち心機一転を図ってみた。果たしてどうなるか・・・とりあえずよろしく。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

12月 282017
 

もうすぐ今年が終わる・・・あぁ・・・今年もMSDTのまま年が過ぎてゆく・・・。けど、今年は例年と比べて少しはマシだったような気がするぞ。
今年やったことだが、まず本をたくさん読んだ。例年の数倍読んだ。いつか自分で小説を書くための勉強だというのもあるが、SF小説とか日本の小説とか、今年は読書の年だったと言える。これは後々役に立ってくるだろう。
あと映画をたくさん見た。例年の十倍くらいは見た。特に今年の最初の方は毎週5本くらい見てたし、そういう意味では心が豊かになった一年だったと思う。これも後々役立つだろう。
あと音楽だ。これまでもずっと音楽好きとしていろんな音楽に触れてきたけど、今年は特にジャズを色々聴いた。俺にとってのジャズ元年と言っても過言はないと思う。これまではマイルスとコルトレーンしか聴いたことがなかったが、今年はト○ントでいろんなプレーヤーのを落として聴いた。ジャズの魅力に触れ、ジャズの世界の扉を大きく開いた一年だったと言えるだろう。
あとは・・・そうだな、フライトシムをまたやるようになったこととか、あと練習としてなろうで小説を書いてエタってしまったこともあったな。あのクソ小説は自分でも酷い出来だったと思うが、自分の現時点での能力を計るのにはいい経験だった。来年になったら本格的に一作書いてみようと思っているが、どこかの賞に応募するか、またなろうで発表するのか決めてないが、今年の収穫を糧にして、もっとマシなものを書いてみようと思う。
幸い年末は嫌なことも無かったので落ち着いて年末が迎えられたが、この調子が来年も続いてほしいものだ。
では来年に向けて、俺の座右の銘をここでまた書いておこう。--「幸せを求めて足掻くところに、人の尊さはあるのだから」。

12月 102017
 

俺はガラケーユーザーである。7年前に買ったガラケーを、今でも大事に使っている。しかもらくらくホンだ。何故らくらくホンなのかというと、単に一番安かったからだ。友達もほとんどいないしかける機会もメールの機会もあまり無いので、一番安いのを買おうと思ったら、らくらくホンになった。
最近では外装がハゲかかってるしボタンの押しも変になってきたので、そろそろ買い替えてもいいのだが、まだバッテリーはフル充電で軽く一週間は持つし、通話もメールも問題ないので、しぶとく使い続けている。
うちの親は長らくガラケーを使ってきたのだが、今年に入って二人ともスマホに替えた。両親は二人とも機械オンチなのでスマホにするのも抵抗があったようだが、もうガラケーは売ってくれないに等しいらしく、結局スマホになった。兄弟は二人ともスマホなので、うちの家族でガラケーなのは俺一人だ。教会へ行っても皆スマホを持っているので、非スマホユーザーは最近見たことない。
それで家で親父がスマホをいじっているのを見ていたら、何となくスマホに興味が湧いてきた。それで何の前提知識もなくネットで情報を集めてみたのだが、高いんだな、スマホって。アマゾンのレビューを見ると、25000円くらいのでも「格安」と書いてある。ROM32GB、RAM3GBくらいのが標準的なようだが、それだと軽く30000円を超える。しかも機械の寿命は2~3年らしい。格安スマホを使うにはSIMフリーのを買ってMVNOってとこと契約すればいいようだが、それだと月に1300円くらいで済むようだ。今現在、俺はガラケーの一番安いプランに入っていて、毎月同じくらいの額を払っているので、それだったらスマホにしてもいいんじゃないかと思うようになってきた。
う~ん、35000円くらいするのか、SIMフリーのスマホの機械は・・・。ついこないだ中古ノートPCを買っちゃったばかりだからなあ・・・。だいたい俺がスマホを買って何をするだろう?通話とメールをほんのちょっとして、LINEはする相手がいないし、マップはそもそも外に出ないし、ネット検索はPCがあるし、ゲームはPCでしかやらないし・・・。どう考えても「宝の持ち腐れ」のような気がする。このタバコ臭い部屋で、ろくに使わないままヤニにまみれて黄色くなっていくだけなのではないだろうか。
やっぱまだ早いかな、スマホは。せめて今30000円台のやつが15000円くらいになるまで待とうかな。それともスマホを買えば俺ももっとアクティヴになるのだろうか。パソコン大好きPCっ子の俺にはどう考えても宝の持ち腐れのような気がするなぁ。うーん、どうしたもんか。