7月 292021
 

新PCになったので、せっかくだからベンチマークを走らせてみた。
去年グラボとメモリを変えた時に、同じようにベンチマークを取ったが、その結果はこちら。

https://getwing.net/20200908/pcのベンチマークをやってみた

今回はCPUがRyzen 5 5600X、メモリがDDR4-3200 16GBx2、ストレージがP2 CT1000P2SSD8、グラボがMSI GTX1660SUPER 6GBで、メモリの転送速度が2133Mhzから3200Mhzに上がったので、同じなのはグラボだけだ。
まずは3DMarkのデモ。結果はこんな感じ。

CPUスコアは3500アップ、トータルスコアは500アップした。なぜかグラフィックススコアが微妙に下がっているが、これはドライバの問題か何かだと思われる。
次にFinal Fantasy XVベンチマーク。「誰もゲームをプレイしていないのにベンチマークだけは使われる」というFFXVベンチ、これも同じような結果だった。

やはりなぜかスコアが若干下がっている。
CPUは明白に性能向上したがグラボが同じなので、グラフィックス関係が変わらないのはわかるけど、なぜ微妙に下がるかな。普通に考えたら「グラボの調子が悪い」「グラフィックスドライバの問題」のどちらかだけど、別に極端な負荷がかかるような使い方はしていないから、おそらく後者だろう。それかIntel製CPUのほうが高スコアが出るようなベンチマークだとか。
とりあえずほぼ予想通りの結果だった。今はグラボが値段高騰しててとても買えないけど、再来年くらいにRTX4000番台が出たら4060あたりに換えればいいな。MSFSもFHDでULTRAで東京上空30~40FPSくらいだから、しばらくはこれで充分なんとかなりそうだ。

ちなみに今日で禁煙8日目だが、順調に続いている。相変わらず「なんとなく吸いたくなった時」にニコレットを噛んでいる。もうタバコがない生活にも慣れて、早く部屋をリフォームしたくてウズウズしている。リフォームしたら、前と後の写真をここで公開する予定なので乞うご期待。

7月 192021
 

こないだ組んだ新PCは快適である。さすがに5年ぶりのハード更新なので、何もかも新しくなってる。CPUも速いしストレージも速い。サクサク動くしネットの速度も少し速くなった。
けどMSFSをやってみたら、フレームレートは一桁しか上がらなかった。やはりグラボが1660SUPERの6GBなので力不足か。FHDでULTRAでFPS45くらい出すには、3070以上が必要なようである。けどグラボに10万とか出せないし、今はマイニング需要でグラボが値上がりしてるので、当分このままで行く。3090なんて元々20数万してたけど、今は30万超えてるからな。そんだけあったら中古バイク買えるわ。5chのフライトシム板には3090を使ってる奴がチラホラいるけど、グラボだけに2,30万出せる人ってのはどんな人なんだろうね。
今後はSteamでアイドルマスターとかCoH3の日本語版が出るようなので楽しみだ。けどなぜ日本製のゲームはあんなに高いのか。アイドルマスターなんて9000円とか書いてあるし、こないだ出たR-TYPE Final 2も6500円とかだし。価格設定の時点で間違っている。だから売れずに、そのため値段が下がらず、一層売れない・・・。もうちょっと考えてほしい。
今回の自作で一番良かったパーツはぶっちゃけケースである。EnermaxのECA3360B-BTというやつだけど、このケースはドスパラ専売で安い。税込み送料込みで3400円。安すぎて心配になるけど、大きさも丁度いいし、精度も問題ないし、ドライブもツールで固定できるし、軽いし、なによりサイドパネルがアクリルでないのがいい。俺は光り物とか興味ないので、こういう「昔ながらの堅実なケース」が欲しい人にはベストチョイスではないだろうか。
5chで情報を見たら、「1ヶ月で電源ランプが点かなくなった」とか「安かろう悪かろうのケース」とか言われたけど、まあそういうのは個体差だろうから気にしない。PCケースというのは物によってはスイッチが壊れることもあるけど、そういうことがなければいいな。次もこのケースでいいよ、と思えるくらい気に入った。
もうすぐオリンピックだが、俺はとりあえず開会式は見る予定。どうせAKBとか坂道グループとかジャニーズとか、ポケモンとかドラクエとか出すんだろ?最低の開会式になりそうだ。一体どんな寒~い開会式をやって笑いを提供してくれるのか楽しみである。

7月 152021
 

こないだ「そろそろ新しいPCを組みたい」と書いたけど、早速今日組んでしまった。
まあ来年になってWindows11が出てからでもよかったんだけど、今はZen3がいい感じらしいし、MSFSのフレームレートを上げたいと思ったし、それにストレージの容量が心許なくなってたのと、背面ファンの軸がブレて異音がするようになってたので、「もう組んじゃえ!」と組んでしまった。
パーツはツクモとドスパラで買った。CPUはRyzen 5 5600X、SSDはCrucial製M.2 NVMeの1TB、クーラーはサイズ製の超天、マザーボードはASUS製のPrime B550-PLUS、ケースはEnermax製のにした。メモリとグラフィックボードと電源は使いまわして、あとドライブ類も移植した。
前回組んだ時は、前面パネルのコネクタの挿し方がよくわからなかったのと、メモリの差し込み不足で、自分だけでは起動できずに近所の店に持ち込んでやってもらったけど、今回は自分だけで組み立てられてしかも一発で起動した。
これで俺のPCも晴れて最新CPUになった。4,5年ぶりの新PCだけど、旧PCの要らないパーツが結構高値で売れそうなので、思ったより出費は少なかった。
けど背面配線にしたら、ケースのサイドカバーがちゃんと閉まらずにモッコリしているのはご愛嬌だ。
環境も1日でほぼ元通りになったし、これからいろいろ捗りそうだ。
 

    

6月 292021
 

プログラミングやってみたいな。
実は昔、プログラマーを目指そうとして勉強してたことあるんだよね。もう10数年前だけど。俺はIT関係の知識に疎いというか、その辺に関しては「情弱」だったので、短絡的にC言語を勉強し始めた。
参考書も数冊読んだ。「独習C」とか「はじめてのC」とか。けど生来の理系オンチの俺にはどうも理解し難く、そもそも参考書をいくつか読んだだけではDOS窓で何かするくらいのことしかできないので、なんとなくつまらなくなってやめてしまった。
そのしばらく後になって読んだ文章に、「・・・最初にC言語を学ぶのはおすすめしない。例えば外国語を勉強する時のことを考えてみてほしい。英語やフランス語を身につけたいと思っている場合に、そのルーツだからといってラテン語の勉強から始める者がいるだろうか?いないだろう。英語やフランス語を身につけたいと思うのなら、最初からその言語を勉強すればいいのだ」と書いてあった。
俺はこれを読んだ時、目からウロコというか、「なんでこんな簡単なことがわからなかったのか!!」と激しく思った。そうなんだよ、俺みたいにプログラミングに疎い人間は、「まず最初はC言語から」みたいに短絡的に考えてしまうけど、よく考えたら自分の覚えたい言語を最初からやってればよかったんだな。実に簡単なことだが、俺はこの文章を読むまでそれに気づかなかった。単純に「俺はC言語もろくにできないからプログラマーの素養がない」とか思い込んでしまった。我ながらバカ丸出しである。
自分でホームページを作ったりしたから、HTMLとCSSはできるようになった。けれどこれはマークアップ言語であってプログラムではない。プログラミングが得意な人というのは、大抵子供の頃からプログラミングを趣味でやっていて、ちょっと普通の人とは違った脳構造をしているなというケースが多い。勉強はまるっきりできなくてもプログラミングは得意な人というのも少なからずいる。俺はそういう人とも関わったことがあるけど、ああいう人のようにはなれない。
もはや今からプログラマーとして就職とかそういうのは無理だけど、趣味でまたやってみてもいいな。けどITは日進月歩なので、絶えず新しい知識を学ばないとついていけないのがね・・・。俺が昔やってたHTML4も、今ではHTML5になってて全然わからないし。
とりあえず趣味でやるなら、今ならどの言語がいいんだろう?無料でWindows10上でできる環境とかあったら、誰か教えて下さい。

6月 092021
 

かれこれ10数年前にはフリーゲームをいろいろ探して暇さえあればやっていたが、最近はフリーゲーム文化もやや廃れ気味だ。
そんな俺がフリーの縦STGで一番面白いと思っていたのが「超連射68k」というやつ。元々はX68000用の同人ゲームだったらしいけど、Windowsに移植されてて、その出来は大変素晴らしい。市販ゲームよりも面白いくらいだ。
フリーゲームの名作として非常に有名らしく、Wikipediaまである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/超連射68k

それで久々にやってみたくなって、作者のページからダウンロードしようと思ったら、リンクがない。どこを探してもない。流石に古いゲームだからもう公開を止めてしまったのかもしれない。
残念だなあ、やりたいなあ・・・と思ってたら、Redditにダウンロードできるリンクが貼ってあった。Wayback Machineに作者の旧サイトが残っているようで、そこからダウンロードできるそうだ。
せっかくだからRedditのリンクを貼っておこう。
https://www.reddit.com/r/shmups/comments/m2b323/cho_ren_sha_68k_download_page_missing/

ここからダウンロードしてやってみると、Windows10でも全く問題なく動くし、やっぱり面白い。エミュで古ゲーを遊ぶのもいいけど、Windowsネイティブのフリーゲームで遊ぶのも楽しいね。

 
オススメのゲームパッドです↓

  

6月 032021
 

俺がインターネットを始めてから今年で20年。最初はIEをずっと使っていて、南米にいた時にFirefoxを使い始め、それからはずーっとFirefox党。昔はブラウザといえばIEがシェアの9割を持っていたが、いつの間にかChromeが7割を占めているそうで、俺はFirefoxを使い続けながらブラウザシェアの変遷を眺めてきた。
Firefoxは非営利団体が作っているし、カスタマイズ度も高いから好き。Chromeはどうもその辺がね・・・。けれど昨日のアプデでFirefoxのUIが大幅に刷新されて、めっちゃ見にくくなった。正直コレはないだろ、Mozillaよ。
この新しいUIはProton UIと言うらしいが、タブレットで使うことを前提のデザインにしたみたいだけど、旧来からのユーザーには非常に不評である。なんかフォーカスされててもウインドウが真っ白だし、ブックマークの行間もやたら広いし、ぶっちゃけ「要らん改悪」である。

proton

それで元に戻す方法を探してたら、某掲示板に書かれていたので忘備録。

まずFirefoxのアドレスバーに「about:config」と入れてEnterキーを押す。
そして画面の「危険性を承知の上で使用する」ボタンをクリック。
すると「高度な設定」というタブが表示されるので、画面上部の「設定名を検索」欄に「proton」と入力。
そうするとProton UIに関連するオプションが表示されるので、画面上の

browser.proton.contextmenus.enabled
browser.proton.doorhangers.enabled
browser.proton.enabled
browser.proton.modals.enabled

の4項目をダブルクリックし、値を「true」から「false」に変更すればOK。こうするとProton UIが無効化され、旧来のUIに戻ります。終わったら「高度な設定」タブは閉じてしまっていいです。
もし元のProton UIに戻したい時は、上の4つの項目を全て「true」に変更すれば元に戻ります。

firefox

上の画像を見れば何となくわかるけど、多分MozillaはマイクロソフトのEdgeを強く意識したんじゃないかなあ。最近ではマイクロソフトもブラウザシェアを奪い返そうとほんの少しだけ本腰を入れてるみたいだし。Thunderbirdも同じような白抜きアイコンのデザインになったけど、Mozillaには我が道を進んでほしいものですな。

3月 082021
 

こないだDELLのノートPCを買ったので、自作デスクトップPCとの間でファイル共有をすることにした。
ファイル共有なんて昔は簡単だった。Windows7までは、それぞれのPCにユーザー名とパスワードを設定し、別のPCからリモートでログオンする場合、そのユーザー名とパスワードを入力すれば、サクッとログオンできた。
Windows10でも同じだと思って気軽にやってみたのだが、よく考えると、こないだ買ったノートPCのセットアップの時、Windowsにログインするためのパスワードを設定した覚えがない。MicrosoftアカウントのパスワードとPINコードの2つしか入力した覚えがない。
それでデスクトップPCからノートPCにログオンしようとするとユーザー名とパスワードの入力を求められるのだが、パスワードの欄にPINコードを入力してもMicrosoftアカウントのパスワードを入力しても、ハネられてしまう。
逆にノートPCからデスクトップPCにログオンすることはできる。よく考えると、このデスクトップPCにWindows10をインストールしたのは2019年で、その時はOSにログインするためのパスワードをちゃんと入力した。そのためユーザー名とパスワードの欄にその両者を入力すると、普通にログオンできる。
ではなぜノートPCにリモートでログオンできないのか?そもそもパスワードを設定していないんだから、入力のしようがないだろう。
・・・さてここでちょっとした時間を費やしてしまったが、結論を言うと「現在のWindows10にはログイン用のパスワードは存在しない」のだ。
これに関して解説しているサイトがあったので、ぜひ読んでみてほしい。

・Windows 10 バージョン2004から消えた(?)自動ログオン構成オプションあり/なしの怪・・・https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2006/17/news004.html

そう、最新バージョンのWindows10ではログイン用のパスワードが存在しないので、リモートでログオンすることができないのだ、そのままでは。
ではどうすればよいかというと、「Windows10にローカルアカウントを設定する」ことで解決できる。ローカルアカウントには、ユーザー名とログイン用のパスワードが両方とも必要なので、リモートでログオン「される」PCにローカルアカウントを設定し、リモートでログオン「する」PCでそのPCにアクセスし、そのユーザー名とパスワードを入力すれば、ログオンできる。
ただしこの場合、ログオン「される」PCが、ローカルアカウントでログインしている状態にあることが必要である。現在のWindows10は何が何でもパスワードを保存しておかない仕様のようなので、ローカルアカウントから出てしまうと、リモートではログオンできないようだ。
よく考えてみれば当たり前のことなのだが、PINコードとパスワードの違いをよくわかってなかった俺は、随分頭を悩ました。両者の違いについてはここを参照。

・PINとパスワードは何が違う? 意外と知らない「知識認証」のハナシ・・・https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/20/news014.html

昔のWindowsPCでは気軽にできたファイル共有だが、今はこういうちょっとした工夫が必要なので、意外と困っている人は多いかもしれない。Windows10はアップデートの度にログイン関係やネットワーク関係に細かい変更があるようなので、今回の問題を解決するのにも時間がかかった。