聖書の1ページ目と2ページ目の矛盾について解説

聖書の1ページ目に「神は人を作られた。男と女に作られた」とあるのに、次の2ページ目に「神は土(アダマ)から最初の人アダムを作り、その肋骨からイヴ(エヴァ)を作った」とあるのが矛盾している、と大昔から議論される。

2ページ目だが、土は黒いから、アダムは黒人男性だった。そしてその骨は色が白く英語なら「骨=bone」なので、そこから生まれたイヴは白人女性で「生まれる=born」は同じ発音。キリスト教的に白は白百合なのでlilyつまりリリスである。

ではなぜ1ページ目と矛盾するかといえば、バラモンは「WHITE POWER!」ゆえに、最初の人間が黒人なんて許せない!と、後から1ページ目の記事を捏造しねじ込んだと思われる。
でも2ページ目の記述が正当であっても、同一DNAから男女が作られたことになり、であれば人類は近親結婚を繰り返すことになるから「どんどん退化してゆく」設定になる。
これは他にも「人類みな兄弟」というテーゼも同様で、もし人類が全員兄弟なら当然結婚相手は自分の姉か妹になってしまうので、やはり近親結婚になる。であればやはり「どんどん退化してゆく」設定になる。

こういうのを単なる「言葉のあや」ととるか、そうでなく何らかの作為ととるか。日本語で太陽の出ている時間を「ヒル」と発音するのはなぜか?とか、スペイン語で「上昇する・昇る=subir」だが、地下鉄をsubwayといい「sub=下に・下の」なのに、スペイン語で「ir=行く」なのはなぜだろう?とか。

要するにもし仮にこの世に悪魔崇拝者が存在するなら、人々が「神よ!」と唱えていても、実際には悪魔の名を呼んでいる、という状況を作り出そうとしても不思議はないわけで・・・。だからバベルもバイブルもBBLだと。
もちろん俺は、聖書は「良いこと悪いことがいろいろ書いてある教訓の書」として有益だと思うけど。

話を戻すと、某エバ◯ゲリ◯ンで「アダムとリリスの子供がリリン」だったが、つまり「黒人男性と白人女性の子供は悪魔」でありそれが人類だ、という話だったはず。つまりこれがバラモンの流布したい思想であって、彼らは「白人と白人、黒人と黒人が結婚するのが正しい。もし人種間の壁をなくしたら悪魔が生まれてしまうぞ」という、まさにWHITE POWER!的なレイシズムを聖書の1ページ目にねじ込んでいる・・・という話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です