666は獣の数字

旧日本軍の石原莞爾は日蓮の思想に強く影響を受けていたという。日蓮は自らが旃陀羅の生まれ、つまり最下層のアウトカーストであるとハッキリ自称している。彼の考えというのは要するに「世の中には悪いところがいろいろある。だからそれらを改善して世の中を良くしないと、いつかこの世は滅んでしまうぞ」というもの。大乗仏教の考えの最たるものと言えよう。だから彼は当時、体制に疎んじられて島流しにされたりした。そりゃ自身が最下層のカースト出身だから、こんな世の中では自分たち下層民衆はずっと酷い生活のままだ、だから皆で社会をimproveしよう・・・と思うのは至極普通。要するに日蓮は、インドのアンベードカル博士と全く同じ立場なのだ。

そして石原莞爾はその思想に強く影響を受けたという。詳しく知らないが、結局「いつか我が国は世界戦争で滅ぼされるかもしれないから、大陸に新しい国を作って島国は捨てるべき」みたいな考えのはず。そして彼は東條英機と対立していて彼の暗殺計画を企てたが、その際に柔道の木村政彦のグループと協力関係だった。木村政彦は自伝に「河原の川底から砂利を掬う仕事を生業にしていた」とあり、要するに日蓮と同じ身分の生まれだ。彼が後に南米へ渡ったのは南米移民の一族だからである。その木村政彦と協力関係だった石原莞爾が日蓮聖人を崇拝してたというのは、結局彼の「世界最終戦論」は日蓮の「末法思想」みたいなものということだ。

石原莞爾は山形県鶴岡市の出身で、俺の母方の祖父も同じだ。祖父の先祖は山形県の出羽三山の朝日村という製鉄の村で駐在をしていたそうだ。また俺の父方は佐賀県の八幡岳から出て、そこは源為朝に由来するらしい。八幡神社は日本で最も数が多いが、鎌倉の鶴岡八幡宮が源氏の氏神、国東半島の宇佐八幡宮が平氏の氏神と思われる。よって佐賀県の八幡岳は源氏側なので鶴岡八幡宮に由来するだろう。
つまり俺は父方も母方も共に「鶴岡」で、日本では「鶴は千年」と言うので、じゃあ千年とは何かと言ったら「千年王国」か?と。だからここは千葉県で日蓮の生まれた場所なので、もはや石原莞爾や日蓮思想や千年王国とか・・・だから俺は源氏と平氏の混血、というわけだ。

話は変わるが、最近インターネットで情報を探すと記述がいろいろ変わってて、中でもナチスドイツに関してかなり変わっている。興味深いのは「ナチスドイツは精神病院に監禁されていた人たちを安楽死させていた」という内容。実際は「国家社会主義ドイツ労働者党による精神病患者の安楽死政策」だったらしい。そもそも歴史の真相を捏造隠蔽してるのがクズマスコミだし、奴らは悪魔なので正しい人間を悪者にする。それは俺がずーーーっとされてきたことなので嫌というほど知っている。
大体昨年からのロシアによるウクライナ侵攻で「民間軍事会社ワグネル」の名がよく挙がるが、これはリヒャルト・ワーグナーから取った名前なので、ロシアもワーグナーつまりドイツと同じで「反ユダヤ」というアピール。けれどプーチンは「ウクライナのネオナチ勢力を粉砕する」と主張するから、要するに「ナチス=ユダヤ」である。

そして仮に日本にユダヤ人が存在するとしよう。ユダヤはJEWと書く。そして日本語の「獣」という字は「ジュウ」と読むので「JEW」と一緒。つまり「日本の、ユダヤ人が、獣」である。またヨハネの黙示録に「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(13章18節)とあるが、666は6が3つ並んでいるので「ヘキサゴンとトリニティ」であり、且つ「アラビア数字の6は巴紋と同じ形」。巴紋が蛇の図象であり、巴という漢字は蛇がとぐろを巻く姿から生まれた象形文字なので「6=蛇」でもある。
要するにこれが「666は悪魔の数字」と言われる由縁。そして前述の通り『日本の、ユダヤ人が、獣』だから・・・。

地獄に堕ちろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です