つまりE・A・ポーの「イスラフェル」

つまり「黒猫」「黄金虫」の作者であるE・A・ポーの詩に「イスラフェル」があり、イスラーフィールはイスラム教において「最後の審判を告げるラッパを吹く天使」で「音楽を司る神」という。
そしてユダヤ教のメタトロンに対応するといい、それはミトラがルーツなので、つまりミトラス教だと。
ミトラは「インドの言葉が仏典に書かれる際に漢字で書かれたのでカタカナでも漢字でも結局一緒」だから「尊称のミ」+「太陽=SURYA」=「御SURA」=「ミスラ」。
よってイスラムも最後の審判を下す側に加わったということで、もう世界中が千代田城の「獣=BEAST=666」を滅ぼすことに異論はない。よってオマエラに最後の審判が下される時が来たぞ、ということだ。

インドの図像を見ると「ヴィシュヌの臍から伸びた臍の緒の先に小さなブラフマーがくっついてる」ので、ヴィシュヌは太陽神ゆえ「=太陽の周りを小さな惑星である地球が周っている」のでブラフマーは地球である。そしてスペイン語で「地球/大地=tierra」でSFやスタークラフトで「地球人=terran」といい、ラテン語の「terra」が語源だが発音は「テラ」。つまり「地球=テラ=寺」で『お寺は坊さんが修業をする場所』つまりバラモンの基地である。
言うまでもなく英語で「寺=temple」なので、ダ・ヴィンチ・コードのテンプル騎士団ってなんだっけ?結局その流れを汲むのがルーブル美術館長だったはず。(※こめかみをテンプルという理由は知りません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です