マロン派の箇条書き

・フェニキア人はレバノン杉を建材に船を造ったがそれは現在カディーシャ山地の保護区にしか生えていない
・古代エジプトの船もレバノン杉で造られていた
・カディーシャ山地はキリスト教マロン派の集まっている渓谷
・カディーシャ山地の東にカデシュがあるがその言語はアラム語(シリア語アラム方言)、イエスが話していた言語もこれ
・カデシュ・バルネアに出エジプト後のユダヤ人は留まった
・十字軍にマロン派は合流し加勢
・東方教会だがマロン教会はアンティオキア総大司教を長とする。原始キリスト教の中心はアンティオキア教会との説あり
・レバノン人はフェニキア人だという「フェニキア主義」を主張しレバノン独立に加担した多くはマロン派
・レバノンの要職をマロン派は極小数で独占
・--「カデシュは、エジプト第18王朝のファラオ・トトメス3世の遠征に対抗してレバントの都市国家群が連合を組んだ際、連合を指揮したカナン人の二つの都市国家のうちの一つとして歴史に登場する」--、もう一つはメギドで、ハルマゲドンは「メギドの丘=ハル・メギド」
・ビブロスはアルファベット発祥の地でBIBLEとの関連、この地のパピルスを使用した?
・バアルベックはヘレニズム時代にギリシャ人がバアルを太陽神とみなし、この町をヘリオポリスと呼んだ
 

https://ja.wikipedia.org/wiki/カデシュ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビブロス
https://www.jw.org/ja/ライブラリー/本/聖書-物語/3/モーセ-打つ-岩/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です