公園で青バットの素振りしてるけど?

去年の夏から縄跳びしてるが、最初はエッチラオッチラ数十回しか跳べなかったけど、今は数回に分けて計350回跳べるようになった。大した回数じゃないけど50寸前の小太りオッサンにしては頑張ってる方じゃね?
加えて野球のマスコットバットで素振りをしてるので、腕はちょっとだけ太くなった。でも胸筋がつかないので相変わらずメタボ腹・・・。胸筋なんてある意味飾りだし、敢えて「つけよう」と動かさないとつかない部位だから別にいいけどな。けど結果的に肉体労働者のオッサン体型になった気がする。

俺は異性と交流する機会を奪われてきたので、昔少しでも交流があった女のことをずーーっと覚えている、のは仕方がない。それはせいぜい4~5人で、それもちょっと会話をしたとか一緒にバイトしたとかそんな程度。マジで俺はその程度しか女との交流をさせてもらえなかったのだ。
だからその中でも20年前に3ヶ月一緒にバイトした女のことをずーーと覚えてて、つまり「良いトラウマ」のようなもん。あんな若くていい女が一緒だったらそりゃ忘れられない。しかもバイト期間も責任者がちょっとだけ延長してくれたし。まー当時自分の境遇を心から恨んで、マジで首謀者を滅ぼしてこんな境遇を破壊せねば!と心に誓ってから早20年。気がつけば俺自身50前で壮年を通り越して老年に足を踏み入れそうになってるし、ならあの女は不惑間近かーと。あれだけ若い頃にいい女だったらとっくに結婚してるだろうなと思うけど、まー確認のしようもない。だって名前と年齢と出身中学しか知らないし。

最近ニュースを見てると日本でも国外でもバタバタ急展開しているように思えてならないが、これに俺が数%でも関係してるなら「マジ!?」と戦慄せざるを得ない。正直、俺は日々を適当に生きててゲームしたり映画見たり音楽聴いたり運動したり買い物に行ったり、あと最近は料理とか楽しいけど、要するにただの人。なのにしばしば暇つぶしの文章書きで勉強したことを書いてたら、すごく有益な内容だったようで、その辺は「えーこんなのってそれほどいい内容なのか」と意外である。でも世の中の役に立ってるなら構わないし、20年前の決意が実現できるなら望外の喜びでしかない。
そう思ってここ最近は少ない蓄えから無理して本を買って情報を拡充してて、さっき書いた文で「これ以上はもう書くことないかなあ」と結論できた。だってあとないだろ書くこと。アイツラが諸悪の根源なのは断定したし他判ることも大抵書いたし。もし書くとしたらあとはただの埋め合わせくらいしかないはず。

だから20年前のあの女が俺のことを覚えてたら、果たしてどう思ってるかなーと。きっと褒めてくれると思うんだが。褒めてほしいなあ、それを目標にコツコツ努力してきたんだし。
今年のクリスマスは「かもめのジョナサン(完成版)」を再読したよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です