ガスライティングの基本は「音」

外出中に、大声でギャーギャー喚いたりゲラゲラ笑い声を上げたりする「音を聞かせて」心理操作する/心理動揺させるのは、ガスライティング行為の最も典型的な手法。ユング心理操作術の理論に「音に敏感なのは病気(統合失調症)の症状である」というセオリーがあるからだ。
この理由は簡単で「耳は閉じられないから」。目は瞼を閉じれば見えないけど耳には閉じる器官がないので、ガスライティング行為の基本は「異音で動揺させる」である。だから家の外で奇声を上げたり異音や騒音を立てたり、外出時にゴホゴホ咳払いを聞かせたりクシャミを聞かせるなど「常に”共通の”シグナル音を発生させる」が典型パターン。

「共通の」というのがキモで、要するに全く同じ(音の)パターンがどこでも現れるのはおかしい、と普通は考える。そして「可能性1-ただの偶然」「可能性2-何らかの集団が同じ行為を行っている」と考えるが、もし2なら「一体何の集団が?」と不安になる。
またユング心理学は「どこでも似たようなものは現れるのだ」、つまり例の『共時性(synchronicity)』を根幹にするので、もし心理学者/精神科医にこのことを相談したら、100%「それらは偶然(synchronicity)だ。どこでも似たような現象は起こるのだ。そんなことを気にし過ぎるのは病気の症状である」と言いがかりをつけられ、統合失調症とされてしまう。これは最も典型的な「精神病患者を生産する手法」なので、知っている人も多いはず。

また有名な「自分しか知らないはずの個人情報が何故か他の人達の会話から聞こえる」「他人と会話すると自分の個人情報を向こうから言ってくる」があるが、その「個人情報」こそ「=キーワード」だから、要するに「キーワード入り会話」だということだ。
町中で会話している複数人や、通り過ぎる二人組などが、会話文中にキーワードを混ぜ対象にわざと聞かせる、これも最も典型的なパターンなのは有名。

この”シグナル音”と”キーワード”、これらがガスライティング行為=集団ストーカーの典型中の典型である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です