国民を分断統治する偽物王

制度や法律に操られているというのはよくあることで、日本は「外国人が帰化したら日本風の名前を名乗らなければならない」という法律があるから、元は外国籍だったなと逆にわかる苗字がいっぱい。元が外国人ならそのまま元の名前を名乗ったらいかんのかと思うけど。
「在日◯◯人」には在日韓国人や在日朝鮮人という言葉もありそのまま「日本にいる韓国人」と「日本にいる朝鮮人」の意だが、いつも思うが、帰化したならおまえら日本人だろうと。正確に「韓国系日本人」「朝鮮系日本人」でいいだろうと思う。韓国人朝鮮人でいたいなら帰化するべきでないし、それなら当然本名を名乗るべきで、しばしば本名を名乗ってる人もいるがその方が当然接しやすい。外国人なんですねとわかるから。
これまで会った人間の中に、韓国朝鮮ルーツで帰化したとわかる名前や本名をそのまま名乗っていても俺に対して普通に接した者もいたが、申し訳無さそうな態度だったのでこっちが気の毒になった。別に人間なんて個人の生き物だし「◯◯人だから」なんてステロタイプに考えないので、やましいところがないなら普通にしてればいいし何人にも良い人もいれば悪い人もいるから俺は気にしないけど。
制度や法律は慣習の一部(のはず)なのでみんなそれに操られてるが、実際にそれで損してるのは自分自身で、為政者が国民を分断するために変な慣習を蔓延させて当然だと思わせ、結果的に国の内部を「分断統治」。損するのは我々一般市民。何事もフェアにやるのが一番簡単に解決するから、外国人は外国名を名乗り、ルーツが韓国だろうと朝鮮だろうと別の国だろうと帰化したら「◯◯系日本人」と正確に呼ぶべきだ、と至極当然のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です