明けの明星は、実は美の女神らしいぞ

スペイン語の名詞には男性名詞と女性名詞がある。悪いものは大抵女性名詞で、serpiente、pistola、policia、mentira、guerraなどはみな女性名詞。
けど不思議なのはproblemaという単語で、一見すると女性名詞に見えるし普通トラブルメーカーは女だから、これも女性名詞だろうと思ってしまう。けれどel problemaなので実は男性名詞である。不思議。そしてdiabloもel diabloで男性名詞。つまり悪魔とプロブレムは両方男である。

ここで大変興味深いサイトを発見。
https://ja.wiktionary.org/wiki/明けの明星

ここに記載された、
———
「明けの明星(あけのみょうじょう)」—朝方に東の空にある金星。
・私は、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である。(新約聖書 ヨハネの黙示録 第22章 第16節)
・黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろの国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。(旧約聖書 イザヤ書 第14章 第12節)
———

下の文は『バビロンの滅亡とはすなわち、堕天使ルシファーが地獄に堕ちる事』と述べ、さらに『明けの明星、曙の子よ。』とあるが、曙は「夜明け=MORNING=MOONING=月であること」。
上の文は『イエスが金星の姿をとって最後の審判に現れる』と述べる。さらに『”霊”と花嫁とが言う。「来てください。」』とあるが、稲毛浅間神社の祭神は木花咲耶姫で、元々黒砂浅間神社に菅原道真とともに祀られていて、現在そこは「菅原道真霊と木花咲耶姫」が夫婦で祀られている。

つまり今の世界で「堕天使」たる金星は何者なのか?それは男のはず。
そして稲毛の黒砂浅間神社の祭神夫婦が「天使イエス」を呼ぶ、とある。福音はGOOD NEWSつまり善き報せで、EVANGELはEVE+ANGEL(サンディー規則により)。言うまでもなく金星はヴィーナスつまり美の女神である。誰?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です