エバンゲリオンのこと再度

書いとくかー。もういいや書いちゃえ。てか前に書いたけど再度。

エヴァンゲリオンはリリスが地下で槍に刺されて磔にされている。そして使徒がそれを襲ってくる。使徒だからキリスト教なのでつまり統一教会。それを送り込んでくるのがゼーレで、ドイツ語で「ゼーレ=魂」なので「ソウル=韓国首都」。
統一教会はKCIAの実働部隊と聞いたが、大山倍達はKCIAで山梨県の身延山に潜伏したことがあり、修験道の山でもある。そこに建つ久遠寺は日蓮宗つまり創価学会。要するに両者は繋がってる(のか?)。
日本の法曹関係は彼らが強いようだが、以前書いたように埼玉県の高麗神社は法曹関係者の崇敬を集める。だから聖書に「ダンは獅子の子」と書かれ獅子はユダ族のシンボルのライオンであり、日本の高麗犬でもあるので、ダンつまり弾左衛門は高麗/高句麗の子分。檀君朝鮮のダンも同じ。「ダンはおのれの民を裁く」と自民族のJUDGEを司る。
去年からニュースを見ているとどうも日本の政界の動きとイスラエルの司法制度改革が連動していたようだが、ネタニヤフは強すぎる司法が政治を制限してしまう状況を打破しようと司法制度改革を推進していた。つまり日本のダン族が彼らのJUDGEを司るならそれは誰か?といったら、以前書いたように弾左衛門の親分は江戸城主。浅草の弾左衛門の屋敷のそばに待乳山聖天があり、聖天はガネーシャである。歓喜天は性的教義の雌雄神。

リリスは7つの目が描かれている仮面を被っており「SEVEN=S_EVEN=Sに等しい=蛇に等しい」だが、あくまでもそれはただの「仮面」。またTVでなく映画版では、槍を抜くと足が生える(ここは重要)。リリスの語源はlilyなので白百合。それが身動き取れなくされているのをエヴァンゲリオンが守っている――というメタファー作品。
サードインパクト=第三次世界大戦。

あと何かあったっけ。これ書くの何度目かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です