4月 282021
 
アンチは多い方が・・・

5chで大谷翔平のスレを見ていたら、「アンチの数は人気のバロメーターと言われている」と書かれていた。 ・・・そうか、実力と人気があるほど、アンチが多いのか! ということは俺にアンチが多いのは、それだけ才能があるということかもしれん! かのフロイトは「敵からの称賛は、味方からのそれよりも何倍も価値がある」と言われたし、俺にアンチが多いのはそれだけ認められているということなのか!

4月 272021
 

なんか最近、閲覧者が微妙に増えたような気がする俺の底辺ブログ。俺の愚痴をグダグダ書き散らしてるだけのこのブログだが、有益な内容も多少はあるだろう。 その中でも、以前述べた「9年ごとに災厄が起こる」というあれ。見事に当たっちゃったね。2001年に911テロが起こり、2010年にジャスミン革命があってそれがアラブの春へと繋がり、シリアで米露双方が軍事介入寸前まで行って、すわ世界大戦勃発かという事態になったけど、その9年後の2019年にはコロナが始まって、現在コロナ禍真っ最中。 スーリヤとか九耀とか、アーリア人が9というサイクルで世界が更新されるという思想を持っているとか、散々書いたけど、まあこうい […続きを読む]

4月 182021
 

よく「ユダヤ人は自分たち以外をゴイム、すなわち豚と呼び、彼らの支配を謀っている」という。俺は直接のユダヤ人の知り合いはいないわけではないが、果たしてこれは本当だろうか。 日本においてユダヤ人の生態を知るのに最適なサンプルが、同和と在日だ。俺が古代史の文章に書いたことを読めば、要するに「秦氏=同和・在日」なのはわかるかもしれない。秦氏=ユダヤ人だから、要するに同和と在日というのはユダヤ人である。 それは、両者の言っていることがそのまま同じであることからもわかるだろう。やれ「自分たちは差別されている」だの「自分たちは苦難の歴史を歩んできた」だのと抜かし、日本でも世界でもどこでも固まって住んでゲット […続きを読む]

4月 152021
 

俺は10年ちょい前に南米に住んでいて、そこでいろんな出来事があった。 その中でも忘れられないのが、ちょっとした「スパイ合戦」のようなものに巻き込まれたことだ。断っておくが、俺自身はただの人で、如何なる組織にも所属していないし、如何なる団体の関係者でもない。ただ「要らん事に首を突っ込んだ」ような事情があって、それが理由でそういう事態に巻き込まれたのではないか、とここでは言っておこう。 俺がアルゼンチンのクロリンダという町へ行った時のこと。時間はもう夜の0時過ぎで、あたりは真っ暗だ。日本と違い、深夜になると店は皆閉めてしまい、本当に「真っ暗」になる。そんな中で開いているのはコンビニ(のような雑貨店 […続きを読む]

4月 042021
 

今年も誕生日を迎えてしまい、もはや初老に差し掛かろうとしている・・・。 今年の誕生日は、「かもめのジョナサン」という小説を読んだ。読みながら「俺の書きたいのはこういうものなんだよなあ」と思った。いいね、こういう文章は。内容もいい。俺は一羽の孤独なかもめ、羽を広げて彼方へと翔んでゆく――。たまたま誕生日にこの小説を読んだというのは、なにか象徴的な気がする。 最近は本をたくさん読んだり映画をいっぱい観たりして、それなりに充実している。 PCゲームも「Divinity:Original Sin2」というRPGをやっていて面白い。やはりRPGは洋ゲーに限る。ドラクエみたいな幼稚な内容じゃないし、非常に […続きを読む]

3月 312021
 

「星を継ぐもの」という有名なSF小説があって、3部作なのだが、俺は数年前に1冊目だけ読んで、普通に面白いなと思った。その後時間が経ち、ふと思い立って2冊目と3冊目も買って、1冊目から読み直して、さっき3部作を全部読んだ。 この作品が書かれたのは1980年前後で、冷戦真っ只中の時代。いわゆる近未来SFとかではなくて、なんちゅーか「文明論SF」みたいな感じだったけど、要するに「一握りの一族が人類の富を握って世界を操っているが、そいつらは実は宇宙人だった」というお話だった。 実際に世界を一握りの一族が操っているというのは遠からず事実だろうし、その辺は俺も高校時代に「赤い盾」という本を読んで「あーそう […続きを読む]

3月 272021
 

今でもわからないことがあるのだが、もう20年近く前、2002年のことだ。 俺は当時、大学を卒業して実家に帰ってきて、ネットゲームにハマっていた。その中でも「リネージュ」というやつを一時期熱心にやっていたのだが、ある日いつものようにそのゲームをやっていて、一人でフィールドをウロウロしていると、別のキャラクターが近づいてきた。確か名前は「Vessel」だったと思う。 そのキャラクターのことは全く知らなかったのだが、なぜかそいつが俺の近くで、会話ウインドウに英語の文章を書いた。長文だったので俺は「?」と思い、読もうとしたが、知らない単語が入っていて読めない。それで一応内容を書き留めておいた。 その後 […続きを読む]