11月 092021
 

先月の暮れに購入して、ここんとこ毎日やってたHADESを、ようやくクリアすることができた。 このゲームはローグライクゲームで、死んでは強化してやり直し、また同じことを繰り返すというスルメゲーだ。最初はあっさり死んでしまうが、徐々に強くなっていって、次第に先に進めるようになるという絶妙なゲームバランスの作品だ。 俺はローグライクゲームというのに偏見を持っていて、「同じことを何度も繰り返すなんてつまらないんじゃないの」と思って、ずっと敬遠していた。トルネコの大冒険も風来のシレンもやったことはない。今回初めてローグライクゲームに挑戦したわけだが、非常に面白かった。何というか「やるたびに展開が変わる」 […続きを読む]

11月 032021
 

セガサターンのエミュでパンツァードラグーンをやってみて「面白いじゃん」と思っていて、Steamでリメイクされたのがセールで600円で売ってたので即購入した。 かれこれ25年前か、セガサターン持ってたなあ・・・。やったなサクラ大戦とかガングリフォンとか。今でもエミュで時々サターンのゲームやるけど、パンツァードラグーンは実機でやったことがなくて、エミュで初体験だったけど、意外なほど面白かった。だからリメイクを買ってみたんだけど、グラフィックがすげー綺麗になってて、これは「買い」だ。1プレイ1時間くらいで終わるし、原作に忠実にリメイクされているので、往年のファンは是非買うべきだろう。 600円で買え […続きを読む]

10月 282021
 

アイドルマスタースターリットシーズンをプレイしているが、意外と難易度が高かった。それでも初アイマスなので楽しく進めている。あっさり目のグラフィックのわりには意外とマシンスペックを食うようで、プレイ中はグラボのファンがずっと回っている。 そんで以前から気になっていたHADESというゲームも買ってしまった。これはローグライクなハクスラなのだが、インディーゲームなのにGOTYを獲ったとかで非常に評価が高い。5chのゲームスレで「単純で面白い」と書かれていたので、セールの時を見計らって買ってしまった。 こうして考えると、一昨年去年今年とゲームばっかやってるけど、この歳になってもゲームを楽しめてるのは幸 […続きを読む]

10月 192021
 

俺は「心理学をやっている」という人間を信用していない。こういう人間は大抵「自分は人間の心理を熟知している」と思い上がり、他人をコントロールしようとしたり、対話のテクニックを使って会話しようとしたりするので、逆に信用できない。 そもそも日本の精神科医なんてのは、バカスカ薬を出して薬漬けにして延々意味もなく通院させたり、特に理由もなく入院させたりして、医師としての能力が極めて低い者が多い。「患者を治療する」という発想のない日本の精神医学、あんなものは医療ではない。 そして日本の精神医学の基礎になっているのが、ユング心理学である。あくまでも俺は門外漢として外部からの印象を語ることしかできないが、ユン […続きを読む]

10月 172021
 

以前適当に買ってみた「Mark of the NINJA Remastered」というゲームは掘り出し物で、意外なほど面白かった。最後の方は熱中して一日何時間も遊んでた。 さっきそれをクリアしたので、いよいよ「アイドルマスタースターリットシーズン」を購入。アイマスは初めてなのでどんなもんなのか興味がある。けど和ゲーの常だが、値段が高い!どう考えても適正価格の1.5倍はする。こういうとこを直さないと、日本製ゲームは売れるようにならないよ、マジで。「鬼滅の刃」のゲームも出たけど、それより高いからな。作り手はもうちょっと考えてほしい。 こないだまではエミュでFF10をやってたけど、スフィア盤の仕組み […続きを読む]

10月 122021
 

俺はコロナは「茶番」だと思っていて、別にワクチンを打たなくても問題ないと思っている。 アメリカだと共和党が反ワクチンで民主党がワクチン推進派なのはディープステートが関係してるのかとか、あのビル・ゲイツがワクチン接種を強く推奨しているのは管理社会化のためではとか、ワクチン接種を民衆の管理に転用しようとしてるとか、いろいろ言われるし、そもそも副作用の事例がこんだけ報告されているワクチンって大丈夫なのとか(うちの妹も接種後に40度の発熱があったらしい)思うけど、まあ要するに「茶番」だ。無理して打つ必要はない。 けど打っておかないと今後ジワジワと困る機会が出てくるのは想像に難くない。ワクチンパスポート […続きを読む]

10月 072021
 
「禁煙セラピー」を読む

禁煙してから3ヶ月近く経ち、ふと「そういえばあそこにタバコ置いてあったな~」とか思ってしまう今日この頃。せっかく禁煙したのに元の木阿弥にならないようにと、世界的名著と言われるアレン・カー著「禁煙セラピー」を読んでみた。 まあ要するに、「タバコは麻薬」「タバコを吸っても楽しいことなんかない」「禁煙は楽しい」みたいなことを繰り返し書いて、暗示にかけようとするような本。 最近気が緩んで、「一本くらいなら吸ってもいいかな・・・?」と思いがちな俺だが、この本には「禁煙しても、また一本だけ吸ったら、そのままスモーカーに逆戻り」と書いてあった。「禁煙は楽しいのだ、タバコを吸っても楽しいことなんかないのだ」と […続きを読む]